忍者ブログ
天外魔境シリーズの外伝的RPG『オリエンタルブルー 青の天外』の台詞(シナリオ)集です。メインストーリー分完了済。モブ台詞集もあります。他、サブイベント等細かい部分も徐々に収集。【!ネタバレ注意!】
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


メッセージありがとうございます。返信内容は白字にしてあるので、反転してご覧ください。

【ブログ拍手】1件

■Fのマントー 様 (2016.06.28)

『 はじめまして。台詞集をご利用くださり、ありがとうございます!

 他の天外シリーズは今のところ『天外魔境ZIRIA』(PSP版、小説、OVA)しかちゃんと知らないので、シリーズ通した目線で考察ができないのが惜しいところですが、歴史や世界観の奥深さは本当に魅力的ですね。
 元々天外魔境は「3部作3シリーズ」の構想で、オリエンタルブルーには『赤の天外』という続編の予定があったそうですね。EDスタッフロールのラストに、

ORIENTAL BLUE
CHAPTER 2 THE BLUE EARTH
THE END

 とあり、「CHAPTER2」ということは『青の天外』はオリエンタルブルー三部作の、二番目の時系列にあたる物語かなぁという、一人で勝手な憶測を立てております。
 大昔、掲示板か何かで「赤の天外は青の天外の過去が舞台(CHAPTER1?)」という噂があった気がします。とはいえ、ソースも不明なのでこのあたりは話半分でお聞き流しください。今となっては制作者の方にしかわからないことですね……。

 どちらにしても、ゲーム内で「コンシティ等青の遺跡の謎」「消えそうで消えなかったふめつの炎」「かつてロウランから通じていたホウライ」「レン先生の父親が調べていた海底遺跡」「一度だけ動いたカツゲン塔」「かつては大都市だったアスカ」「大昔にカラホトを救った『青の城の勇者』」「コハクを封印した者の正体」「鬼の一族の歴史」「トルク人の「テツジンの残骸?でビルを建てる」発言」「最後のメディックスの意味深な台詞」……等々、前後に含みを持たせるような要素が散りばめられているので、続編の予定があったんだろうなぁというのは感じられます。
 十年以上もどっぷり浸かっている身としては、このあたりが色々色々気になってしょうがないのですけど、最早叶わぬ夢、というのが惜しいですね。それ故に、好き勝手想像してみるのも楽しいですが。(笑)

 「天帝の剣=竜王剣」というのが何だか気になりますね。
 実は(ゲーム自体は未プレイなのですが)天外世界をイメージする参考資料として、『天外魔境3』の攻略本を持っているのですが、それで見たところ確かに竜王剣のデザインが「青い刃に金の装飾」と、天帝の剣に共通するものがありますね。それだけでドキドキしてしまうあたり、我ながら重症だと思います。天外魔境3の竜王剣にはどんな云われがあるのか、わからないのですが。(未プレイなのに軽率に引き合いに出してしまうのがとても申し訳ない……)

 ZIRIAやZEROの小説版読んでいると、エネルギーの源としての「炎」や、特殊な科学技術や建築物の(イメージの)共通性から考えて、青の一族って火の一族と何か関係あるんじゃ……と勘繰ったりしてしまいます。青の一族の言う「故郷の星」って、大昔のジパングなのかも、とか。……例によって超個人的な憶測に過ぎないので、話半分にお聞き流しください。(苦笑)
 青の天外世界追うだけでも沼が深くて精一杯なのですが、全体の世界観をイメージするためにも、やっぱり他のシリーズ作品もちゃんとプレイしたいなぁと思うところです。

 返信なのに、個人的な語りを長々としてしまってすみませんでした。興味深いヒント落とされたので、つい変なエンジン入りました。ヒントくださったにも関わらず、それに対する思考がトンチンカンな方向に突っ走ってる自信はあるので、生暖かい目でお読み流しください。()
 元々は、自分のための資料用に集め始めた台詞集ですが、天外世界の考察の参考になるのなら、それはもう、大変に嬉しいことでございます。私自身も、青の天外については色々と知りたいことがあるので、また面白い話があれば、ご意見くださると喜びます。(笑)

 それでは、拍手とコメント、ありがとうございました。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック