忍者ブログ
天外魔境シリーズの外伝的RPG『オリエンタルブルー 青の天外』の台詞(シナリオ)集です。メインストーリー分完了済。モブ台詞集もあります。他、サブイベント等細かい部分も徐々に収集。【!ネタバレ注意!】

◆スナヨミと遭遇する

 

+果心居士編

[スナヨミ]
わたしは
すなにこころを きざむ
わたしの名は スナヨミ・・・

すなは
うつくしい えを えがき
すなは
ひとのみらいを かえてゆく
そして すなは ひとをのろい
ヤミを マ界へと いざなう・・・

ふふふふ・・・
水月の なかまだね・・・

[果心居士]
フォフォフォ・・・
おまえ マ界のものか・・・

[スナヨミ]
ふふふふ・・・
そう わたしは スナヨミ・・・
すなをあやつり ひとのうんめいをかえる
マ界の おんな・・・

[果心居士]
おまえが スナヨミか・・・

[スナヨミ]
ふふふふ・・・
もう おそいわ
カラホトを マ界へおとすぎしきは
さいごのだんかいに はいった・・・
ごらん!
水月の おなかまさん・・・

(砂絵が消える)

[果心居士]
うぐっ!! まさか!
おまえ!! このすなのえは!!

[スナヨミ]
ふふふ わかるのね?
わたしの すなえの のろいが!

なら しっているわよね
この のろいの おそろしさを・・・
あとは カラホトをまもる 2つの宝玉
天の宝玉と 地の宝玉を
水月が はかいすれば・・・
カラホトは マ界へしずむ

せいぜい いそぐのね・・・
水月は このベビロンの塔の
いちばん 上にいるわ・・・
はやく 水月を ころさなければ
カラホトは マ界に しずむ・・・

[果心居士]
まて!!

(スナヨミが消える)

[スナヨミ]
フフフフ・・・・

[果心居士]
どうやら やつらは ホンキで
カラホトを マ界におとす気のようじゃ

しかし なぜ いまさら
マ界を よみがえらせるのじゃ
水月・・・おまえは なぜ
マ界のものに ついたのだ・・・

 

+かぐら編

[スナヨミ]
わたしは
すなにこころを きざむ
わたしの名は スナヨミ・・・

すなは
うつくしい えを えがき
すなは
ひとのみらいを かえてゆく
そして すなは ひとをのろい
ヤミを マ界へと いざなう・・・

ふふふふ・・・
水月の なかまだね・・・

[かぐら]
あんた マ界のものだね!

[スナヨミ]
ふふふふ・・・
そう わたしは スナヨミ・・・
すなをあやつり ひとのうんめいをかえる
マ界の おんな・・・

[かぐら]
あんたが バライルちゃんの いってた
うらないしの スナヨミかい!

[スナヨミ]
そう・・・
あのしょうねんは やくにたった・・・
おまえたちを ここまで
おびきよせることが できたんだからね

[かぐら]
スナヨミ! きさまぁ!!!

(かぐらが槍でスナヨミに攻撃するが結界で防がれる)

[スナヨミ]
ふふふふ・・・ガサツなおんなだね
水月の弟子・・・かぐら!

[かぐら]
くっそー!!

[スナヨミ]
ふふふふ・・・
もう おそいわ
カラホトを マ界へおとす ぎしきは
さいごのだんかいに はいった・・・
ごらん!
水月の弟子 かぐら!

[かぐら]
なに??
すなのえが・・・きえた

[スナヨミ]
スナヨミが のろいのじゅつ
くろすなのマンダラ!!

あとは カラホトをまもる ふたつの宝玉
天の宝玉と 地の宝玉を
水月が はかいすれば・・・
カラホトは マ界へしずむ
こののろいを とく ほうほうは
ただ ひとつ

いまだ ぎしきを おえぬ
水月を ころすこと・・・

[かぐら]
・・・・・・

[スナヨミ]
せいぜい いそぐのね・・・
かぐら・・・
水月は このベビロンの塔の
いちばん 上にいるわ・・・
はやく 水月を ころさなければ
カラホトは マ界に しずむ・・・
フフフフ・・・

[かぐら]
まて!!

(スナヨミが消える)

[スナヨミ]
かぐらよ いそげ・・・
おまえの師匠を ころせ
カラホトを たすける ほうほうは
もはや それしかない・・・

[かぐら]
・・・水月を ころす?
わが 師匠を・・・ころす・・・?

 

 

◆わかな姫未同行時の場合のみ道中に水月が出現

 

+果心居士編

[果心居士]
まて!!

水月?!

[水月]
これは 果心居士どの・・・
みずから おいでになられるとは
こうえいの いたりです・・・

しかし もう おそい
カラホトは マ界にしずむのです
天の宝玉も 地の宝玉も
まもなく そのちからを うしないます

[果心居士]
水月!!
いったい なにが あったのだ!
なぜ マ界のものの みかたをする
なぜ カラホトを マ界に おとす

天帝をささえ 天帝につかえたころの
水月は どこへ いったのだ!
天帝は このようなことは
のぞんでは おらぬぞ! 水月!!

[水月]
天帝・・・

果心居士どの・・・
わたしは 天帝にすてられたのです
天帝は わたしが けんじょうした
わかな姫も ふういんしてしまった

[果心居士]
それは!!

[水月]
もう おそいのです
わが 師匠(ししょう) 果心居士どの
もはや この水月を
とめることは できません・・・

果心居士どの
あなたとは たたかいたくない
できれば このまま
カラホトの地を はなれてください

[果心居士]
しきがみか・・・

(水月の式神が燃えて消える)

[果心居士]
わたしには 水月・・・おまえを
とめることは できないかもしれない
だが 天帝のふういんした わかな姫は
よみがえったのだぞ・・・水月

 

+かぐら編

[かぐら]
んっ まって!!

そこ!!

(水月が現れる)

[かぐら]
水月さま?!

[水月]
むだだよ かぐら・・・
おまえのちからでは
わたしを たおすことは できない

カラホトは マ界に しずむ
もう おそいのだ なにもかも・・・

[かぐら]
水月さま いったい なにがあったのです
なぜ マ界のものの みかたをするのです

天帝に おつかえしていた水月さまは
どこへ いってしまったのです!
天帝は こんな水月さまを
のぞんで いらっしゃらないはず!

[水月]
天帝・・・
もはや なつかしい・・・

わたしは 天帝にすてられたのです
かぐら・・・
天帝は わたしが けんじょうした
わかな姫も ふういんしてしまった

[かぐら]
わかな姫が いなくても・・・
このわたし! かぐらが います!!

[水月]
かぐら・・・
もう おそいのだ なにもかも

かぐら おまえのちからでは
この水月を とめることはできない
できれば おまえとは たたかいたくない
このまま され かぐら

[かぐら]
それは できません!

(かぐらは攻撃するが水月は式神だった)

[かぐら]
しきがみ?!

たしかに わたしには
水月さまをとめる ちからは ない・・・

やはり それが できるのは
わかな姫だけなの・・・
わたしでは ダメだと いうの
水月さま・・・

 


 

拍手[0回]

PR

◆水月に近付くと結界に弾き飛ばされる


[なぞのこえ]
はっはっはっはっはっはっはっ!!

[果心居士]
なにものじゃ!!

[なぞのこえ]
マ界の長(おさ)!
わたしの名は マ法院しずか!

[マ法院]
おまえたちに やぶれるほど
マ法院のけっかいは やわではない

[果心居士]
はたして そうかのぅ

(果心居士が結界を壊す)

[マ法院]
なに!

ふん さすがは
水月の師匠(ししょう) というわけか

[果心居士]
マ法院とやら・・・
水月を かえしてもらうぞ・・・

[マ法院]
はっはっはっはっ!!
さて そううまく いくかな
すくなくとも 水月は
そうおもっては いないようだが

[果心居士]
なに?

[マ法院]
水月!!

[水月]
はい
マ法院さま

[果心居士]
水月!!

[水月]
師匠(ししょう)・・・

[マ法院]
水月よ ぎしきの ジャマをする
このものたちを おいはらえ!

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

 

 

◆水月との戦闘になる

 

+戦闘に敗北

[マ法院]
おろかものめらが・・・

水月!!
カラホトを マ界におとす ぎしきを
かんせいさせるのだ・・・

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

 

+戦闘に勝利(わかな姫未同行の場合)

[マ法院]
ほう・・・
なかなか やるではないか
だが
わが マりょくは ふめつ!

(マ法院が水月を復活させる)

[水月]
うおおおおおお!!

[マ法院]
さあ 水月よ
マ界のちから みせてやれ

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

[果心居士]
やめろ 水月!!

[マ法院]
やれ!

※この後、シャンバラまで飛ばされフリッツの屋敷で目覚める。

 

+再戦

[マ法院]
なんど きても おなじことだ
カラホトは マ界へおちるのだ
水月!!
このムシケラどもを ほうりだせ!!

[水月]
はい
マ法院さま

[果心居士]
水月!!
目を さませ!!

[水月]
師匠・・・
おそいのです なにもかも・・・

 

+戦闘に勝利(わかな姫同行の場合)

[マ法院]
ほう・・・
なかなか やるではないか
だが
わが マりょくは ふめつ!

(マ法院が水月を復活させる)

[水月]
うおおおおおお!!

[マ法院]
さあ 水月よ
マ界のちから みせてやれ

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

[果心居士]
やめろ 水月!!

[マ法院]
やれ!

(わかな姫が水月の攻撃から主人公を庇う)

[果心居士]
わかな姫!!

[わかな姫]
だいじょうぶです
●●●!

水月!!
わたしです・・・
わかなです!!

[水月]
わか・・・な・・・?

[わかな姫]
水月・・・
わたし きたの・・・

あなたに つたえるために
天帝のメッセージを・・・

[水月]
てんてい・・・天帝は・・・
わたしを みすてたのだ・・
天帝は おまえを
ふういんして しまった

[わかな姫]
水月・・・

[水月]
わかな姫は もう いない・・・
おまえは いったい だれだ!!

(水月の攻撃でわかな姫の左腕が飛ぶ)

[果心居士]
わかな姫!!

[わかな姫]
だいじょうぶです・・・わたしは
水月のつくった にんぎょう・・・
うでが とんだぐらいでは
死には しません・・・

水月・・・
あなた かなしいのね
でも 天帝は
あなたを みすてて いない

マ法院が あらわれたとき
天帝は その正体を みぬいていた
でも 天帝は しっていた・・・
じぶんに ちからのないことを・・・
マ法院にさからう ちからのないことを・・・
だから とおざけたの 水月を・・・

あなたが マ法院に
けがされて しまわないように・・・

[水月]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[マ法院]
水月!!

[水月]
うそだ!!

[わかな姫]
天帝は 水月へのメッセージをたくし
わたしを ふういんした・・・
いま そのメッセージを
水月! あなたに つたえます

[水月]
やめろ!!

[わかな姫]
ききなさい!! 水月!!

「わが なきあと 水月にたくす
やがて あらわれる
わが こうけいしゃに つかえよ
青き城をもち わかなを ともないし
そのものの名は ●●●」

天帝は あなたを しんじていたの
めざめて! 水月!!

(わかな姫が水月を抱きしめる)

[水月]
うおおおおおおおおお・・・・・・

[マ法院]
なにイ!!

[水月]
うおおおおおおおおお・・・・・・

うううう・・・てん・・・てい
わたしは・・・わたしは・・・

[マ法院]
水月!
どうしたのだ・・・

(水月が呪い炎を消す)

[マ法院]
水月!!
うらぎるのか!!

[水月]
うらぎる?
いや そうではない
こころを とりもどしたのだ
マ界の長 マ法院よ・・・

カラホトを マ界におとす
のろいの炎は けしました・・・
これで カラホトが マ界に
おちることは なくなりました!

[マ法院]
水月!! きさま!!

[水月]
もう おわったのだ マ法院
かんねんするのだな・・・

[マ法院]
クククク・・・
ハハハハハハハハ・・・

わらわせてくれるな・・・
このマ法院を たおすだと?
みのほどを しれ!!
ゲドウども!!

(マ法院が主人公たちを吹っ飛ばす)

[マ法院]
水月! きさまもだ!
おろかものめが!

(マ法院が水月を結界に閉じ込める)

[マ法院]
このマ法院のけいかくを
よくも じゃましてくれたな・・・
このままでは かえさぬ!
マ法院 みずからのてで
ここで ほうむってくれるわ!!

[なぞのこえ]
おまちください
マ界の長 マ法院さま みずから
てを くだすことはありますまい!

[マ法院]
んっ!
スナヨミか・・・

[スナヨミ]
ここは
わたくしが おひきうけいたします
マ法院さまは 大都のマ界化を
おすすめくださいませ・・・

[マ法院]
よかろう・・・
スナヨミに まかせよう・・・

せいぜい スナヨミに
かわがってもらうが いい
わたしは 天帝宮にもどる
スナヨミ たのんだぞ!!

[スナヨミ]
はい
マ法院さま・・・

(マ法院が消える)

[スナヨミ]
ふふふ・・・
すべて わたしのおもわく どおり!
水月は うらぎりものと なり
マ法院さまは わたしのもの・・・

あとは おまえたちを
どう しまつしてあげようか?
ふふふふ・・・
さあ たちあがりなさい!!

(スナヨミが変化)

[スナヨミ]
ふふふ・・・おいでよ
くるしめて あげるから・・・

 

 

◆スナヨミとの戦闘になる


*戦闘に敗北
[スナヨミ]
まだまだ ころしはしないよ
さあ 水月を とりもどしにおいで
くるしめて くるしめて
ころして あげるよ


*再戦
[スナヨミ]
ふふふ・・・
もどって きたね・・・
さあ かかっておいで
くるしめて あげるから・・・

 

+戦闘に勝利

[スナヨミ]
ううう・・・うう・・・
なぜ・・・なの・・・
このまま・・・
しぬわけには いかない

水月・・・
おまえが あらわれてからだ・・・
すべてが・・・
・・・おかしく・・・なった
マ法・・・院さまを・・・
おまえが・・・うばって・・・いった

わたし・・・は すいげ・・・つ・・・
おま・・・えを ゆ・・・るさ・・・

(スナヨミが消滅し、水月を閉じ込めていた結界が消える)

[水月]
かなしい おんなだな
スナヨミ・・・
そのおもい・・・
マ法院には とどかぬであろうな

んっ コクギョクのマ力が
うしなわれた ようだ!
ベビロンの塔が くずれる・・・

[果心居士]
水月!!
天と地の宝玉を!!

[水月]
わかっています
果心居士どの!!

(水月が天と地の宝玉を回収)

[水月]
さあ いそいで
ベビロンの塔から でましょう

 


 

拍手[0回]


◆水月に近付くと結界に弾き飛ばされる


[なぞのこえ]
はっはっはっはっはっはっはっ!!

[かぐら]
だれ! スナヨミ!?
いや ちがう・・・

[なぞのこえ]
マ界の長(おさ)!
わたしの名は マ法院しずか!

[マ法院]
おまえたちに やぶれるほど
マ法院のけっかいは やわではない

[かぐら]
そうかしらね
マ界の長 マ法院!!

(かぐらが結界を壊す)

[マ法院]
なに!

ふん さすがは
水月の弟子(でし) というわけか

[かぐら]
マ法院!!
水月を わたしてもらうよ!

[マ法院]
はっはっはっはっ!!
さて そううまく いくかな
すくなくとも 水月は
そうおもっては いないようだがな

[かぐら]
えっ!!

[マ法院]
水月!!

[水月]
はい
マ法院さま

[かぐら]
水月さま!!
目を さまして!!

[水月]
かぐらか・・・

[マ法院]
水月よ ぎしきの ジャマをする
このものたちを おいはらえ!

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

 

 

◆水月との戦闘になる

 

+戦闘に敗北

[マ法院]
おろかものめらが・・・

水月!!
カラホトを マ界におとす ぎしきを
かんせいさせるのだ・・・

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

 

+戦闘に勝利(わかな姫未同行の場合)

[マ法院]
ほう・・・
なかなか やるではないか
だが
わが マりょくは ふめつ!

(マ法院が水月を復活させる)

[水月]
うおおおおおお!!

[マ法院]
さあ 水月よ
マ界のちから みせてやれ

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

[かぐら]
やめて 水月!!

[マ法院]
やれ!

※この後、シャンバラまで飛ばされフリッツの屋敷で目覚める。

 

+再戦

[マ法院]
なんど きても おなじことだ
カラホトは マ界へおちるのだ
水月!!
このムシケラどもを ほうりだせ!!

[水月]
はい
マ法院さま

[かぐら]
水月さま!!
目を さまして!! かぐらです!

[水月]
かぐらよ・・・
おそいのだ なにもかも・・・

 

+戦闘に勝利(わかな姫同行の場合)

[マ法院]
ほう・・・
なかなか やるではないか
だが
わが マりょくは ふめつ!

(マ法院が水月を復活させる)

[水月]
うおおおおおお!!

[マ法院]
さあ 水月よ
マ界のちから みせてやれ

[水月]
はい マ法院さま
おおせのままに・・・

[かぐら]
やめて 水月!!

[マ法院]
やれ!

(わかな姫が水月の攻撃から主人公を庇う)

[かぐら]
わかなひめーッ!!

[わかな姫]
だいじょうぶです
●●●!

水月!!
わたしです・・・
わかなです!!

[水月]
わか・・・な・・・?

[わかな姫]
水月・・・
わたし きたの・・・

あなたに つたえるために
天帝のメッセージを・・・

[水月]
てんてい・・・天帝は・・・
わたしを みすてたのだ・・
天帝は おまえを
ふういんして しまった

[わかな姫]
水月・・・

[水月]
わかな姫は もう いない・・・
おまえは いったい だれだ!!

(水月の攻撃でわかな姫の左腕が飛ぶ)

[かぐら]
わかなひめーッ!!

[わかな姫]
だいじょうぶです・・・わたしは
水月のつくった にんぎょう・・・
うでが とんだぐらいでは
死には しません・・・

水月・・・
あなた かなしいのね
でも 天帝は
あなたを みすてて いない

マ法院が あらわれたとき
天帝は その正体を みぬいていた
でも 天帝は しっていた・・・
じぶんに ちからのないことを・・・
マ法院にさからう ちからのないことを・・・
だから とおざけたの 水月を・・・

あなたが マ法院に
けがされて しまわないように・・・

[水月]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[マ法院]
水月!!

[水月]
うそだ!!

[わかな姫]
天帝は 水月へのメッセージをたくし
わたしを ふういんした・・・
いま そのメッセージを
水月! あなたに つたえます

[水月]
やめろ!!

[わかな姫]
ききなさい!! 水月!!

「わが なきあと 水月にたくす
やがて あらわれる
わが こうけいしゃに つかえよ
青き城をもち わかなを ともないし
そのものの名は ●●●」

天帝は あなたを しんじていたの
めざめて! 水月!!

(わかな姫が水月を抱きしめる)

[水月]
うおおおおおおおおお・・・・・・

[マ法院]
なにイ!!

[水月]
うおおおおおおおおお・・・・・・

うううう・・・てん・・・てい
わたしは・・・わたしは・・・

[マ法院]
水月!
どうしたのだ・・・

(水月が呪い炎を消す)

[マ法院]
水月!!
うらぎるのか!!

[水月]
うらぎる?
いや そうではない
こころを とりもどしたのだ
マ界の長 マ法院よ・・・

カラホトを マ界におとす
のろいの炎は けしました・・・
これで カラホトが マ界に
おちることは なくなりました!

[マ法院]
水月!! きさま!!

[水月]
もう おわったのだ マ法院
かんねんするのだな・・・

[マ法院]
クククク・・・
ハハハハハハハハ・・・

わらわせてくれるな・・・
このマ法院を たおすだと?
みのほどを しれ!!
ゲドウども!!

(マ法院が主人公たちを吹っ飛ばす)

[マ法院]
水月! きさまもだ!
おろかものめが!

(マ法院が水月を結界に閉じ込める)

[マ法院]
このマ法院のけいかくを
よくも じゃましてくれたな・・・
このままでは かえさぬ!
マ法院 みずからのてで
ここで ほうむってくれるわ!!

[なぞのこえ]
おまちください
マ界の長 マ法院さま みずから
てを くだすことはありますまい!

[マ法院]
んっ!
スナヨミか・・・

[スナヨミ]
ここは
わたくしが おひきうけいたします
マ法院さまは 大都のマ界化を
おすすめくださいませ・・・

[マ法院]
よかろう・・・
スナヨミに まかせよう・・・

せいぜい スナヨミに
かわがってもらうが いい
わたしは 天帝宮にもどる
スナヨミ たのんだぞ!!

[スナヨミ]
はい
マ法院さま・・・

(マ法院が消える)

[スナヨミ]
ふふふ・・・
すべて わたしのおもわく どおり!
水月は うらぎりものと なり
マ法院さまは わたしのもの・・・

あとは おまえたちを
どう しまつしてあげようか?
ふふふふ・・・
さあ たちあがりなさい!!

(スナヨミが変化)

[スナヨミ]
ふふふ・・・おいでよ
くるしめて あげるから・・・

 

 

◆スナヨミとの戦闘になる


*戦闘に敗北
[スナヨミ]
まだまだ ころしはしないよ
さあ 水月を とりもどしにおいで
くるしめて くるしめて
ころして あげるよ


*再戦
[スナヨミ]
ふふふ・・・
もどって きたね・・・
さあ かかっておいで
くるしめて あげるから・・・

 

+戦闘に勝利

[スナヨミ]
ううう・・・うう・・・
なぜ・・・なの・・・
このまま・・・
しぬわけには いかない

水月・・・
おまえが あらわれてからだ・・・
すべてが・・・
・・・おかしく・・・なった
マ法・・・院さまを・・・
おまえが・・・うばって・・・いった

わたし・・・は すいげ・・・つ・・・
おま・・えを ゆ・・るさ・・・

(スナヨミが消滅し、水月を閉じ込めていた結界が消える)

[水月]
かなしい おんなだな
スナヨミ・・・
そのおもい・・・
マ法院には とどかぬであろうな

[かぐら]
かなしい おんなね
スナヨミ・・・

[水月]
んっ コクギョクのマ力が
うしなわれた ようだ!
ベビロンの塔が くずれる・・・

[かぐら]
水月さま!!
天と地の宝玉を!!

[水月]
わかっています
かぐら!!

(水月が天と地の宝玉を回収)

[水月]
さあ いそいで
ベビロンの塔から でましょう

 


 

拍手[0回]


◆ちしゃの森にて


+果心居士編

[果心居士]
フォフォフォ・・・
「天の宝玉」と「地の宝玉」は
ぶじに カナンのとうだいと
トキのしんでんに もどしてきたぞ

[水月]
もうしわけ ございません
果心居士どの・・・

[果心居士]
まあ よい これで カラホトは
マ界におちずに すんだのじゃからのぅ

じゃが・・・・・・
大都のカツラが
マ界に おちたそうじゃ・・・

(水月がわかな姫の腕を修理)

[水月]
よし・・・
わかな・・・なおったぞ
それと ひじゅつ「へんげ」を
かいじょしておいたからな・・・

[わかな姫]
ありがとう
水月・・・

[水月]
みてのとおり・・・
わかな姫は にんぎょうなのだ
天帝のいらいで わたしがつくった
わたしのむすめ・・・

天帝が わたしを とおざけ
わかなを ふういんしたと きいたとき
天帝が わたしを みすてたと
おもってしまった・・・

そして 天帝が なくなられ・・・
かなしみにくれていた わたしは
マ法院の じゅつに はまり
こころを うばわれてしまったのだ

わたしが おろかだったばかりに
このようなことに なってしまった

[果心居士]
水月・・・

[水月]
マ法院は 大都に ふうじられている
マ界を ときはなとうとしています
大都のしたには 世界をはめつさせる
マ界のちからが ふうじられているのです

ロクハラ そして・・・
カツラが マ界に おちた・・・
マ法院は 大都のマ界を
よみがえらせつつあります

ですが マ法院は 大都のふういんの
さいごのカギを みつけていない
「天帝の剣」・・・これが なければ
大都のふういんは とけないのです

[果心居士]
水月・・・
「天帝の剣」は どこにあるのじゃ?

[水月]
わかりません 天帝が どこかへ
・・・わかな おまえ?

[わかな姫]
・・・・・・
わたし しらない

 

+かぐら編

[かぐら]
おまたせ
「天の宝玉」と「地の宝玉」は
トキのしんでんと
カナンのとうだいに もどしてきたわ

[水月]
すまん
かぐら・・・

[かぐら]
いいわ これで カラホトは
マ界におちずに すんだんだから

けど・・・・・
大都のカツラが
マ界に おちたらしいわ・・・

(水月がわかな姫の腕を修理)

[水月]
よし・・・
わかな・・・なおったぞ
それと ひじゅつ「へんげ」を
かいじょしておいたからな・・・

[わかな姫]
ありがとう
水月・・・

[水月]
みてのとおり・・・
わかな姫は にんぎょうなのだ
天帝のいらいで わたしがつくった
わたしのむすめ・・・

天帝が わたしを とおざけ
わかなを ふういんしたと きいたとき
天帝が わたしを みすてたと
おもってしまった・・・

そして 天帝が なくなられ・・・
かなしみにくれていた わたしは
マ法院の じゅつに はまり
こころを うばわれてしまったのだ

わたしが おろかだったばかりに
このようなことに なってしまった

[かぐら]
水月さま・・・

[水月]
マ法院は 大都に ふうじられている
マ界を ときはなとうとしています
大都のしたには せかいをはめつさせる
マ界のちからが ふうじられているのです

ロクハラ そして・・・
カツラが マ界に おちた・・・
マ法院は 大都のマ界を
よみがえらせつつあります

ですが マ法院は 大都のふういんの
さいごのカギを みつけていない
「天帝の剣」・・・これが なければ
大都のふういんは とけないのです

[かぐら]
水月さま・・・
「天帝の剣」は どこにあるのです?

[水月]
わかりません 天帝が どこかへ
・・・わかな おまえ?

[わかな姫]
・・・・・・
わたし しらない

 

 

◆水月を仲間に


[水月]
いずれにしても 「天帝の剣」が
マ法院のてに わたるまえに
マ法院を とめなければ
たいへんなことに なってしまいます

天帝のこうけいしゃ ●●●どの
わたしは
なき天帝の ゆいごんにしたがい
あなたに おつかえしたいと
おもって おります
そして あなたの なかまとともに
マ界のものに たちむかわせてください

●●●どの どうか
そのおゆるしを いただけませんか?


*『はい』

[水月]
ありがとう ございます
天帝のこうけいしゃ ●●●どの
みじゅくものですが この水月!
こころより おつかえします

(水月が仲間になる)


*『いいえ』

[水月]
そうですか・・・
ざんねんです ●●●どの
やはり うらぎりものは
しんようして いただけないのですね

もし わたしのちからが ひつようなときは
ここを おたずねください
わたくしは そのときを
おまちしております・・・

 

+水月を仲間にしないで話しかける

[水月]
これは 天帝のこうけいしゃ
●●●どの
わたしは
なき天帝の ゆいごんにしたがい
あなたに おつかえしたいと
おもって おります
●●●どの どうか
そのおゆるしを いただけませんか?


*『はい』(水月が仲間になる)
[水月]
ありがとう ございます
天帝のこうけいしゃ ●●●どの
みじゅくものですが この水月!
こころより おつかえします

*『いいえ』
[水月]
そうですか・・・
ざんねんです ●●●どの
やはり うらぎりものは
しんようして いただけないのですね
もし わたしのちからが ひつようなときは
ここを おたずねください
わたくしは そのときを
おまちしております・・・

 

 

◆カラホト城を訪れる


[バライル]
やっと きてくれたね
青の城の ゆうしゃさん!!

やっぱり スナヨミさんの
うらないの とおりだったね エチナ

[エチナ]
ええ
さようで ございますな


*果心居士同行時

[バライル]
ありがとう 果心居士
あなたは すばらしい けんじゃだね

[果心居士]
おほめのことば
ありがたい かぎりじゃ


*かぐら同行時

[バライル]
ありがとう かぐら
さすが トキのみこ だね

[かぐら]
あなたも りっぱな
カラホトの王さま だったわよ


[バライル]
みんなのおかげで
このカラホトの国は すくわれた
ボクから 青の城のゆうしゃに
おれいが あるんだ

まずは「マジンのふえ」を さしあげます
このあとの マ界との たたかいに
やくだててください

それと もうひとつは
宝ばこに いれてあります
青の城のゆうしゃさま
どうか おもちになってください

 


 

拍手[0回]