忍者ブログ
天外魔境シリーズの外伝的RPG『オリエンタルブルー 青の天外』の台詞(シナリオ)集です。メインストーリー分完了済。モブ台詞集もあります。他、サブイベント等細かい部分も徐々に収集。【!ネタバレ注意!】
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


◆カラホト城に入る


[へいし]
ここは カラホトの国王
 バライルさまの城 カラホト城だ!
わが王 バライルさまは
あるおかたを さがしておられる
しつれいだが
あなたのなまえを おおしえねがいたい!


*間違った名前を入力する
[へいし]
▲▲▲・・・
 バライルさまの おさがしのかたではない
もうしわけないが
おとおしするわけには まいりません
おひきとりください・・・


*正しい名前を入力する
[へいし]
●●●! おお!!
あなたが 青の城の ゆうしゃ!
 バライル王さまが おまちです
どうぞ おとおりください・・・

 

 

◆バライル王と謁見


[エチナ]
ひかえろ! ここに おわすかたは
カラホトの国王 バライルさまじゃ!
さがれ!!

[バライル]
かまわないよ じい!

[エチナ]
しかし!
 バライルさま・・・

[バライル]
ボクは まっていたんだ
青の城のゆうしゃが きてくれるのを!
スナヨミの うらないのとおりだ!
そうだろ! じい!!

[エチナ]
はあ・・・たしかに

[バライル]
あなたが 青の城のゆうしゃ
●●●さんですね・・・
ボクは まっていたのです
あなたが きてくれるのを・・・

しっているとは おもうけれど
ボクの国 カラホトは たいへんなんだ
じい!
ベビロンの塔の でんせつを・・・

[エチナ]
はっ
わかりました・・・

「マ塔 ベビロン よみがえり
 白きサバク くろきサバクと よどむ
 天と地の宝玉 ひかり うしなうとき
 カラホトは マ界にしずむ・・・」

これが このカラホトにつたわる
いいつたえで ございます・・・

[バライル]
そうなんだ! でんせつのマ塔
ベビロンの塔が ふっかつしたんだ

おおむかしにも あの塔が あらわれて
この国が ほろびかけたことが あったんだ
そのときには 青の城のゆうしゃが
ベビロンの塔を ふういんしてくれたんだ

そのふういんを なにものかが やぶり
ベビロンの塔が ふっかつした!
シャンバラの町は
くろきサバクに おそわれている!
このままでは カラホトは
マ界に しずんでしまう!!

青の城の ゆうしゃさま!!
おねがいです!
どうか このバライルを
このカラホトの国を たすけてください!

 

+カラホトの国を救ってほしいと言われ…『はい』

[バライル]
えっ ほんとうですか?
●●●さん!!

みろ じい! やっぱり
スナヨミさんのうらないは スゴイよ

[エチナ]
ようございましたな
 バライルさま・・・

[バライル]
うん! じい!

ありがとうございます
●●●さん!

では さっそく だけど
「果心居士(かしんこし)」という
けんじゃに あってください
果心居士は ここから きたにある
カナン山脈の とうだいにいます

果心居士は カナンのとうだいの
「天の宝玉」をまもる けんじゃです
どうか 果心居士と きょうりょくして
ベビロンの塔を ふういんしてください

それでは ●●●さん
よろしく おねがいいたします


*その後バライルとエチナに話しかける

[バライル]
青の城のゆうしゃさん!
おねがい いたします
「果心居士(かしんこし)」という
けんじゃに あってください
果心居士は ここから きたにある
カナン山脈の とうだいにいます
果心居士は カナンのとうだいの
「天の宝玉」をまもる けんじゃです
どうか 果心居士と きょうりょくして
ベビロンの塔を ふういんしてください

[エチナ]
 バライルさまは
ああ おっしゃっておるが
わしは
おまえたちを しんようして おらんし
ましてや スナヨミとか もうす
うらないしも インチキに きまっておる
わしが なんとかしなければ
このカラホトは マ界に おちてしまう

 

+カラホトの国を救ってほしいと言われ…『いいえ』

[バライル]
ええっ!
そうか・・・

[エチナ]
なんと! バライルさまが
おねがいしておるのですぞ!
それを・・・

[バライル]
いや よい・・・
ひかえよ じい・・・・

[エチナ]
はっ

[バライル]
かれらにも じじょうが あるんだよ
ムリに おねがいは できないよ
じい でも ボクは しんじている
青の城のゆうしゃが たすけてくれること
かれらが ボクたちを
みごろしには しないことを

[エチナ]
 バライルさま・・・


*その後バライルとエチナに話しかける

[バライル]
●●●さん
ボクは しんじているよ
青の城のゆうしゃが ボクたちを
みごろしには しないって!
「果心居士(かしんこし)」という
けんじゃに あってください
果心居士は ここから きたにある
カナン山脈の とうだいにいます
果心居士は カナンのとうだいの
「天の宝玉」をまもる けんじゃです
どうか 果心居士と きょうりょくして
ベビロンの塔を ふういんしてください

[エチナ]
 バライルさまは スナヨミとか もうす
うらないしを しんじておるようじゃが
青の城のゆうしゃなど
もはや でんせつのこと・・・
 バライルさまは 王といっても
やはり まだ こども・・・
わしが なんとかしなければ
このカラホトは マ界に おちてしまう


※ここでバライルからの依頼を引き受けていても受けていなくてもカナンのとうだいに行けばイベントが発生。

 

 

◆カナンの灯台に登ると果心居士がいる


[果心居士]
おお ようやく きおったか
あいかわらず またせるのぅ

おまえが 青の城を うけついだという
●●●か・・・
う~む
パッとせんやつじゃのぅ
まあ いいじゃろう・・・

わしは カナンのとうだいの けんじゃ
果心居士(かしんこし)じゃ

したは マ界のものが ウロウロして
さわがしいようじゃのぅ
ベビロンの塔まで よみがえらせて
ごくろうなことじゃ・・・

 

◎以下の仲間が同行時、果心居士との会話発生

 

+天下丸同行時

[天下丸]
おまえが 青き目のいちぞく
果心居士か!

[果心居士]
おお 鬼の子か・・・
げんきな ことじゃ!

[天下丸]
青き目のいちぞくは オレたち
鬼のいちぞくの てきだ!!
こんなところに いきのこって
いやがったのか!!

[果心居士]
フォフォフォフォ・・・
げんきな鬼の子じゃのぅ・・・
おまえのような 鬼がまだいるとは
鬼の王 キバ王も よろこぶじゃろう

[天下丸]
キバ王さまは・・・
にんげんに ころされた

[果心居士]
ウム・・・だが・・・
いまは それどころではない

 

+ジュウベエ同行時

[ジュウベエ]
果心居士どの おひさしぶりです

[果心居士]
おお これは ジュウベエ!
ひさしいのぅ げんきか?

[ジュウベエ]
はっ おかげさまで
ですが・・・
ロクハラが マ界となりました
大都のふういん とけつつあります

[果心居士]
きいておる・・・水月めが
なにをして おったのか!
ふがいのない やつじゃ!

 

+わかな姫同行時

[わかな姫]
水月は どこです・・・
果心居士・・・

[果心居士]
わかな姫か・・・
おまえも ふびんなやつじゃ
わが ふしょうの弟子(でし)
水月も みじゅくものじゃ
マ界のてに おちるとはのぅ

 

※優先順位は わかな姫>ジュウベエ>天下丸

 

[果心居士]
フン どうやら きたようじゃな
おろかものが・・・
ついてこられよ・・・

(カナンのとうだい最上階へ)

[果心居士]
やつめ・・・
ウデを あげおったな・・・

そこじゃ!

(果心居士が火を放つ)

[水月]
さすがは わが師匠(ししょう)
果心居士(かしんこし)どの・・・

[果心居士]
水月・・・
おまえ

[水月]
トキのしんでんの 「地の宝玉」は
すでに いただきました
そして いま カナンのとうだいの
「天の宝玉」も わがてに・・・

これで カラホトをまもる
2つの宝玉は われら マ界のもの
これで カラホトを マ界とする
じゅんびが できました
あとは ベビロンの塔にて
のろいの ぎしきを とりおこなうのみ

カラホトは マ界に おちるのです
わが 師匠 果心居士どの

[果心居士]
水月! おまえ!
マ界に おちたか!!

[水月]
いえ おちたのでは ありません
天帝は わたしを みすてたのです

[果心居士]
水月!!

[水月]
「マ塔 ベビロン よみがえり
 白きサバク くろきサバクと よどむ
 天と地の宝玉 ひかり うしなうとき
 カラホトはマ界に しずむ・・・」

では しつれいを
わが師匠 果心居士どの

[果心居士]
まて! 水月!!

(水月に対して放った攻撃で火柱が!)

[果心居士]
にがしたか・・・
水月・・・

水月は
天帝につかえた おんみょうし
このまま ほおっておけば まちがいなく
カラホトは マ界に おちる

なんとしても
水月を とめねばならぬ
青の城を ひきついだものよ
わたしも おまえと ともにいこう!

(果心居士が仲間になる)

[果心居士]
まずは
カラホト城へ まいるぞ
2つの宝玉が うばわれたことを
 バライルどのに おしらせせねばならん

 


 

拍手[0回]

PR

◆カラホト城に入る


[へいし]
ここは カラホトの国王
 バライルさまの城 カラホト城だ!
わが王 バライルさまは
あるおかたを さがしておられる
しつれいだが
あなたのなまえを おおしえねがいたい!


*間違った名前を入力する
[へいし]
▲▲▲・・・
 バライルさまの おさがしのかたではない
もうしわけないが
おとおしするわけには まいりません
おひきとりください・・・


*正しい名前を入力する
[へいし]
●●●! おお!!
あなたが 青の城の ゆうしゃ!
 バライル王さまが おまちです
どうぞ おとおりください・・・

 

 

◆バライル王と謁見


[エチナ]
ひかえろ! ここに おわすかたは
カラホトの国王 バライルさまじゃ!
さがれ!!

[バライル]
かまわないよ じい!

[エチナ]
しかし!
 バライルさま・・・

[バライル]
ボクは まっていたんだ
青の城のゆうしゃが きてくれるのを!
スナヨミの うらないのとおりだ!
そうだろ! じい!!

[エチナ]
はあ・・・たしかに

[バライル]
あなたが 青の城のゆうしゃ
●●●さんですね・・・
ボクは まっていたのです
あなたが きてくれるのを・・・

しっているとは おもうけれど
ボクの国 カラホトは たいへんなんだ
じい!
ベビロンの塔の でんせつを・・・

[エチナ]
はっ
わかりました・・・

「マ塔 ベビロン よみがえり
 白きサバク くろきサバクと よどむ
 天と地の宝玉 ひかり うしなうとき
 カラホトは マ界にしずむ・・・」

これが このカラホトにつたわる
いいつたえで ございます・・・

[バライル]
そうなんだ! でんせつのマ塔
ベビロンの塔が ふっかつしたんだ

おおむかしにも あの塔が あらわれて
この国が ほろびかけたことが あったんだ
そのときには 青の城のゆうしゃが
ベビロンの塔を ふういんしてくれたんだ

そのふういんを なにものかが やぶり
ベビロンの塔が ふっかつした!
シャンバラの町は
くろきサバクに おそわれている!
このままでは カラホトは
マ界に しずんでしまう!!

青の城の ゆうしゃさま!!
おねがいです!
どうか このバライルを
このカラホトの国を たすけてください!

 

+カラホトの国を救ってほしいと言われ…『はい』

[バライル]
えっ ほんとうですか?
●●●さん!!

みろ じい! やっぱり
スナヨミさんのうらないは スゴイよ

[エチナ]
ようございましたな
 バライルさま・・・

[バライル]
うん! じい!

ありがとうございます
●●●さん!

では さっそく だけど
「かぐら」という トキのしんでんの
みこに あってください
かぐらさんは カラホトの みなみにある
「トキのしんでん」に います

かぐらさんは トキのしんでんで
「地の宝玉」を まもる みこです
どうか かぐらさんと きょうりょくして
ベビロンの塔を ふういんしてください

それでは ●●●さん
よろしく おねがいいたします


*その後バライルとエチナに話しかける

[バライル]
青の城のゆうしゃさん!
おねがい いたします
「かぐら」という トキのしんでんの
みこに あってください
かぐらさんは カラホトの みなみにある
「トキのしんでん」にいます
かぐらさんは トキのしんでんで
「地の宝玉」を まもる みこです
どうか かぐらさんと きょうりょくして
ベビロンの塔を ふういんしてください

[エチナ]
 バライルさまは
ああ おっしゃっておるが
わしは
おまえたちを しんようして おらんし
ましてや スナヨミとか もうす
うらないしも インチキに きまっておる
わしが なんとかしなければ
このカラホトは マ界に おちてしまう

 

+カラホトの国を救ってほしいと言われ…『いいえ』

[バライル]
ええっ!
そうか・・・

[エチナ]
なんと! バライルさまが
おねがいしておるのですぞ!
それを・・・

[バライル]
いや よい・・・
ひかえよ じい・・・・

[エチナ]
はっ

[バライル]
かれらにも じじょうが あるんだよ
ムリに おねがいは できないよ
じい でも ボクは しんじている
青の城のゆうしゃが たすけてくれること
かれらが ボクたちを
みごろしには しないことを

[エチナ]
 バライルさま・・・


*その後バライルとエチナに話しかける

[バライル]
●●●さん
ボクは しんじているよ
青の城のゆうしゃが ボクたちを
みごろしには しないって!
「かぐら」という トキのしんでんの
みこに あってください
かぐらさんは カラホトの みなみにある
「トキのしんでん」に います
かぐらさんは トキのしんでんで
「地の宝玉」を まもる みこです
どうか かぐらさんと きょうりょくして
ベビロンの塔を ふういんしてください

[エチナ]
 バライルさまは スナヨミとか もうす
うらないしを しんじておるようじゃが
青の城のゆうしゃなど
もはや でんせつのこと・・・
 バライルさまは 王といっても
やはり まだ こども・・・
わしが なんとかしなければ
このカラホトは マ界に おちてしまう

 

※ここでバライルからの依頼を引き受けていても受けていなくてもトキのしんでんに行けばイベントが発生。

 

 

◆トキのしんでんに行くとかぐらがいる


[かぐら]
だれ?

ここは 地の宝玉をまもる
トキさまのしんでん です
いのりを けがすものは
この かぐらが ゆるさないよ!
んっ?

ふ~ん
どうやら ただのひとでは なさそうね
 バライルちゃんの いってた
青の城のゆうしゃ ってとこかな?

まあ いいわ だまっててても
あたしには わかるから・・・

このカラホトだけでは なく
大都も たいへんらしいわね
水月さまが ついていながら
どうなっているのかしら!

 

◎以下の仲間が同行時、かぐらとの会話発生

 

+ジュウベエ同行時

[ジュウベエ]
おひさしぶりで ございます
かぐらさま

[かぐら]
アラ ジュウベエじゃない!
めずらしいわね

[ジュウベエ]
はい
じたいが じたいですので
水月さまが マ界のものに
てを かしているようで ございます

[かぐら]
どういう ことなの?

[ジュウベエ]
それは・・・

 

+わかな姫同行時

[わかな姫]
水月は 大都に いない
カラホトへ きてる

[かぐら]
アラ わかな姫じゃない!
水月さまが カラホトへ?

[わかな姫]
水月は マ界になった
マ法院と いっしょ

[かぐら]
あいかわらず
はなしの みえない子ね・・・

 

※優先順位は わかな姫>ジュウベエ

 

[なぞのこえ]
あいかわらず ものわかりが
わるい ようですね かぐら・・・

[かぐら]
なに??
だれ!!

[水月]
おや じぶんの師匠(ししょう)も
わすれて しまったのですか

[かぐら]
だれなの!!
すがたを みせなさい!!

(水月が出現)

[かぐら]
なに?
水月さま・・・

[水月]
ひさしぶりですね
わが 弟子(でし) かぐら

[かぐら]
はい・・・水月さまも・・・
おげんきそうで なによりです

[水月]
かぐらには わるいが
「地の宝玉」を いただいてゆくよ

[かぐら]
えっ それは!!
このカラホトをまもる 宝玉の1つ!!
水月さま!! 「地の宝玉」を
いったい どうしようというのです!

[水月]
カナンのとうだいの 「天の宝玉」は
すでに いただいた

そして この トキのしんでんの
「地の宝玉」も わがてに・・・

これで カラホトをまもる
2つの宝玉は われら マ界のもの
これで カラホトを マ界とする
じゅんびが できた

あとは ベビロンの塔にて
のろいの ぎしきを とりおこなうのみ
カラホトは マ界に おちるのです
わが 弟子 かぐらよ

[かぐら]
えっ なんですって!
水月さま!!

(かぐらが槍を構える)

[水月]
ほう かぐら
師匠のわたしに はむかうのですか

[かぐら]
いくら 水月さまでも ゆるせません
「地の宝玉」を もどしなさい!

(かぐらが水月に向かって行くが、結界で弾かれる)

[水月]
かぐら・・・おまえが
わたしに かなうわけが なかろう

[かぐら]
やめてください 水月さま!!
いったい どうして しまったのです

[水月]
ひとは かわるものなのだ
わたしは マ界のものなのだ
もう もどれぬのだよ・・・
さらばだ かぐら

(水月、消える)

[かぐら]
まって 水月さま・・・

あたしの師匠(ししょう)で あった
水月さまは もう いない・・・
いま ここにきたのは
マ界のししゃ 水月!!

水月は 天帝におつかえした
さいこうの おんみょうし
水月が マ界のものに てをかすのを
ほおっておくことは できない
なんとしても 水月を
とめなければ!! なんとしても!

青の城の ゆうしゃ!
あたしも おまえと ともにいこう!
そして マ界のものの たくらみを
水月を とめるんだ!!

(かぐらが仲間になる)

[かぐら]
まずは
カラホト城へ いくよ!
2つの宝玉が うばわれたことを
 バライルちゃんに しらせないと!

 


 

拍手[0回]


◆先に果心居士を仲間にしており、初めてカラホト城を訪れた際


*入り口の兵士に間違えた名前を告げた時

[果心居士]
あいや またれよ
へいしどの

[へいし]
これは カナンとうだいのけんじゃ
果心居士(かしんこし)どの・・・

[果心居士]
このものの ほんとうのなまえは
●●●じゃ!

[へいし]
●●●! おお!!
では あの青の城の ゆうしゃ!

[果心居士]
そうじゃ!
 バライルどのが おまちであろう
とおして もらうぞ!

[へいし]
はっ 果心居士どのが
そう おっしゃるのであれば・・・

 

 

◆果心居士とともにバライル王と謁見


[エチナ]
おお! これは 果心居士どの
いかがなされた!

[果心居士]
すまぬ!
 バライルどの エチナどの
「天の宝玉」「地の宝玉」が ともに
マ界のものに うばわれてしもうた!

[エチナ]
なんと!
「天の宝玉」「地の宝玉」が!

バライル王・・・

[バライル]
カナンのとうだいの 「天の宝玉」
トキのしんでんの 「地の宝玉」
カラホトをまもる ふたつの宝玉が
うばわれて しまったの?

[果心居士]
そうじゃ
 バライル王・・・

[エチナ]
「マ塔 ベビロン よみがえり
 白きサバク くろきサバクと よどむ
 天と地の宝玉 ひかり うしなうとき
 カラホトは マ界にしずむ・・・」

[バライル]
いったい だれが なんのために・・・
果心居士!

[果心居士]
ふたつの宝玉を うばいしものは
天帝につかえし おんみょうし
わが ふしょうの弟子(でし)・・・
水月じゃ!

[バライル]
えっ!! 水月さんが! なぜ!
果心居士!

[果心居士]
どうやら わが弟子 水月は
マ界の てさきと なったようじゃ

[バライル]
水月さんが マ界の てさきに・・・
果心居士 ボクは どうすれば?

[果心居士]
だいじょうぶじゃ バライルどの
水月のかんがえは わかっておる

2つの宝玉をつかい ベビロンの塔で
ぎしきを おこなうはずじゃ
このカラホトを
マ界におとすための ぎしきをのう

これを やめさせれば
だいじょうぶじゃ!!

[バライル]
ほんとに?
果心居士!!

[果心居士]
わしは このものたちとともに
ベビロンの塔へ いくつもりじゃ


*はじめにバライルと会わず先に果心居士を仲間にしていた場合

[バライル]
かれらは?

[果心居士]
 バライルどのが さがしておいでの
青の城のゆうしゃじゃ!

そして このものが ●●●
青の城の 城主じゃ

[バライル]
えっ!
ほんとに ●●●なの?
スナヨミが よげんしてくれた
青の城のゆうしゃ ●●●!

[果心居士]
そうじゃ かつて ベビロンの塔を
ふういんした 青の城のゆうしゃじゃ!


[バライル]
そうか! ●●●が
青の城のゆうしゃが いっしょに!
じい
スナヨミの うらないのとおりだ

[エチナ]
はっ
さようで ございますな

[バライル]
うん うん

[果心居士]
では バライルどの
いそがねば ならんでのう
ベビロンの塔のある
カラクム砂丘へ まいりますじゃ

[バライル]
うん たのむよ
果心居士!
そして
青の城のゆうしゃ ●●●さん

 

+バライルとエチナに話しかける

[バライル]
青の城のゆうしゃさん!
ボクは しんじてるよ
みんなが 水月さんのぎしきを とめて
ベビロンの塔を ふういんすることを
かならず かならず
おねがいだよ!

[エチナ]
 バライルさまは スナヨミのうらないを
しんじておるようじゃが
青のゆうしゃなど
もはや でんせつのこと・・・
果心居士どの
そなただけが たよりじゃ
水月どののこと ベビロンの塔のこと
そして カラホトのこと たのみますぞ!


*カラホト城を一旦出た後

[バライル]
ベビロンの塔は どうですか?
●●●さん
くろいサバクの ひろがりは
あいかわらず とまらない
カラホトのひとたちが ふあんに
なってきてるんだ・・・
どうか
よろしく おねがいしますよ

[エチナ]
ベビロンの塔が あらわれ
くろいサバクが カラホトをおそう
天の宝玉 地の宝玉が うばわれ
青の城のゆうしゃが あらわれた
カラホトのでんせつが
げんじつのものと なる・・・
のこるは マジン マオウ
まさかとは おもうがな

 

 

◆「地の宝玉」があったトキのしんでんでは…


[しんかん]
これは カナンのとうだいの けんじゃ
果心居士(かしんこし)どの
もうしわけ ありません
「地の宝玉」が うばわれてしまいました

[果心居士]
しかたなかろう・・・
なにせ 水月が あいてじゃ
めいわくを かけたのう
すまんことじゃ

[しんかん]
きょうしゅくで ございます

[果心居士]
あんしんいたせ このものたちは
青の城のゆうしゃじゃ
かならずや 「地の宝玉」を
とりもどして くれよう

[しんかん]
はい・・・


*神官に話しかける

[しんかん]
「天の宝玉」と「地の宝玉」が
うばわれて しまった・・・
このままでは カラホトは
マ界の地と なってしまいます
どうか カラホトを まもる
2つの宝玉を とりもどしてください

 


 

拍手[0回]


◆先にかぐらを仲間にしており、初めてカラホト城を訪れた際


*入り口の兵士に間違えた名前を告げた時

[かぐら]
おまちなさい
へいたいさん

[へいし]
これは トキのしんでんの みこさま
かぐらさまでは ありませんか

[かぐら]
このひとの ホントのなまえは
●●●よ!
まったく じぶんのなまえくらい
まちがえるんじゃないよ ●●●!

[へいし]
●●●! おお!!
では あの青の城の ゆうしゃ!

[かぐら]
そっ!
 バライルちゃんが まってるんでしょ
とおるわよ!

[へいし]
え? ええ!
どうぞ かぐらさま・・・

[かぐら]
さっ!
いくわよ ●●●!!

 

 

◆かぐらとともにバライル王と謁見


[エチナ]
おお! これは かぐらどの
いかがなされた!

[かぐら]
ごめんなさい!
 バライルちゃん!!
「天の宝玉」と「地の宝玉」が
マ界のものに うばわれてしまったの!

[エチナ]
なんと!
「天の宝玉」「地の宝玉」が!

バライル王・・・

[バライル]
カナンのとうだいの 「天の宝玉」
トキのしんでんの 「地の宝玉」
カラホトをまもる 宝玉が
2つとも うばわれたの?

[かぐら]
ごめんなさい バライルちゃん
かぐらが ついていながら・・・

[エチナ]
「マ塔 ベビロン よみがえり
 白きサバク くろきサバクと よどむ
 天と地の宝玉 ひかり うしなうとき
 カラホトは マ界に しずむ・・・」

[バライル]
いったい だれが なんのために・・・
かぐら!

[かぐら]
2つの宝玉を うばったのは
天帝の おんみょうし そして・・・
あたしの 師匠(ししょう)である
水月・・・

[バライル]
えっ!! 水月さんが! なぜ!
かぐら!

[かぐら]
わが師匠 水月は
マ界の てさきと なりさがりました

[バライル]
水月さんが マ界の てさきに・・・
かぐら ボクは どうすれば?

[かぐら]
だいじょうぶ バライルちゃん
水月が なにをするのかは わかるわ

2つの宝玉をつかって
ベビロンの塔で ぎしきをするはず
このカラホトを
マ界におとすためにね!!

このぎしきを とめれば・・・
カラホトは マ界におちない

[バライル]
ほんとに?
だいじょうぶ かぐら!!

[かぐら]
あたしは このひとたちとともに
ベビロンの塔へ のりこむわ!


*はじめにバライルと会わず先にかぐらを仲間にしていた場合

[バライル]
かれらは?

[かぐら]
 バライルちゃんが さがしていた
青の城のゆうしゃ ●●●よ!

[バライル]
えっ!
ほんとに ●●●なの?
スナヨミが よげんしてくれた
青の城のゆうしゃ ●●●!

[かぐら]
かつて ベビロンの塔を ふういんした
青の城のゆうしゃ!・・・しそんかな?


[バライル]
そうか! ●●●が
青の城のゆうしゃが いっしょに!
じい
スナヨミの うらないのとおりだ

[エチナ]
はっ
さようで ございますな

[バライル]
うん うん

[かぐら]
じゃあ バライルちゃん
いくわ ベビロンの塔へ
あたしの師匠(ししょう)
水月を たおすために・・・

[バライル]
気をつけてね かぐら
青の城のゆうしゃ ●●●さん
かならず カラホトを マ界におとす
ぎしきを とめてくださいね

[かぐら]
はい 水月と さしちがえても
かならず・・・

 

+バライルとエチナに話しかける

[バライル]
気をつけてね かぐら
青の城のゆうしゃ ●●●さん
かならず カラホトを マ界におとす
ぎしきを とめてくださいね
かならず かならず
おねがいだよ!

[エチナ]
 バライルさまは スナヨミのうらないを
しんじておるようじゃが
青のゆうしゃなど
もはや でんせつのこと・・・
トキのみこ かぐらどの
そなただけが たよりじゃ
水月どののこと ベビロンの塔のこと
そして カラホトのこと たのみますぞ!


*カラホト城を一旦出た後

[バライル]
ベビロンの塔は どうですか?
●●●さん
くろいサバクの ひろがりは
あいかわらず とまらない
カラホトのひとたちが ふあんに
なってきてるんだ・・・
どうか
よろしく おねがいしますよ

[エチナ]
ベビロンの塔が あらわれ
くろいサバクが カラホトをおそう
天の宝玉 地の宝玉が うばわれ
青の城のゆうしゃが あらわれた
カラホトのでんせつが
げんじつのものと なる・・・
のこるは マジン マオウ
まさかとは おもうがな

 

 

◆「天の宝玉」があったカナンのとうだいでは…

[神官]
おお これは・・・
トキのしんでんのみこ かぐらさま
もうしわけ ありません
「天の宝玉」が うばわれてしまいました

[かぐら]
いいわ わかってる・・・
うばっていった ひともね・・・
水月・・・

[神官]
はい・・・

[かぐら]
「天の宝玉」は かならず
あたしが とりもどします かならず・・・

 


 

拍手[0回]