忍者ブログ
天外魔境シリーズの外伝的RPG『オリエンタルブルー 青の天外』の台詞(シナリオ)集です。メインストーリー分完了済。モブ台詞集もあります。他、サブイベント等細かい部分も徐々に収集。【!ネタバレ注意!】
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




◆ゆめどのに入ると「ちんもくのヤミ」の中


[コクヨウ仮面]
ククク・・・
かぎつけたか 青の勇者

だが
「ゆめどの」には たどりつかせん
天帝の剣は もうすぐ
このコクヨウ仮面のものと なるのだ

おまえたちに
わかな姫をかえすわけには ゆかん
わが 「ちんもくのヤミ」のなかで
さまよいあるくが よい

せいぜい
さまよつづけるのだな
ククククク・・・



+「ちんもくのヤミ」を抜ける


[コクヨウ仮面]
クククク・・・
おそかったな 青の城のゆうしゃ!
わかな姫の なぞは とけた
もう ておくれだ・・・

[わかな姫]
きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁー!!

[コクヨウ仮面]
ククク・・・
これで おわりだ!

(コクヨウ仮面がわかな姫を破壊すると、天帝の剣が出てくる)

[コクヨウ仮面]
ククク・・・これが 天帝の剣・・・
ふういんをとく 剣か・・・

ついに!
「天帝の剣」を てにいれたぞ!
天帝の剣があれば
すべてのマ界のふういんが とける!
そう・・・わが いもうと
「コハク」のふういんも・・・

ククク・・・ざんねんだったな!
青の城のゆうしゃよ!!
スイショウの森の ふういんを
「天帝の剣」で ときはなち!
大都を マ界におとす!

そして・・・わが いもうと
コハクのふういんも!

さらばだ しょくん!!

(「天帝の剣」を奪ったコクヨウ仮面はマ界のゲートに消える)

[わかな姫]
●●●・・・

ごめんね ●●●
わたし まもれなかった・・・
ごめんね ●●●
もう わたし もとにもどれない・・・

さようなら ●●●
さよ・・・う・・・なら・・・

(わかな姫の頭が床に落ちる)





◆残された「わかな姫のかしら」を…


◎わかな姫が壊された後、以下の仲間が主人公に話す



+ジュウベエ同行時

[ジュウベエ]
●●●どの・・・
水月どのならば・・・
わかな姫さまを よみがえらせる
ほうほうを しっているかもしれません
せめて わかな姫さまの あたまを
おもちになっては どうでしょう

●●●どの!
いそがねば なりません
コクヨウ仮面は せんにちどうくつの
スイショウの森へ むかったようす!

スイショウの森の ふういんこそ
大都 マ界のふういん
ヤツは 天帝の剣を つかって
そのふういんを とこうとするはず!
どうやら マ界の長 マ法院は
そこまで みぬいていたようです

スイショウの森の ふういんは
青のいちぞくが じぶんたちの宝
青のスイショウを つかって
ふうじてある ところ・・・
天帝の剣を つかっても
かんたんには やぶれないはすですが
コクヨウ仮面を とめなければ
大都が マ界におちてしまいます!

●●●どの いそいで
コクヨウ仮面を おいかけましょう



+果心居士同行時

[果心居士]
●●●・・・
わかな姫をつくったのは 水月だ
あやつならば もとにもどす
ほうほうを しっておるやもしれん
せめて わかな姫のあたまだけでも
水月に とどけてみては どうかのぅ

●●●!
わかな姫のことも たいせつじゃが
コクヨウ仮面は 天帝の剣をもって
スイショウの森へ むかったぞ!

せんにちどうくつ・・・
スイショウの森・・・
どうやら そこのマ界のふういんが
大都 マ界のふういんのようじゃな!

コクヨウ仮面を とめなければ
大都が マ界におちてしまうぞ!
いそぐのじゃ! ●●●
コクヨウ仮面を おいかけるのじゃ!



+かぐら同行時
●●●
わかな姫は 水月さまが つくったもの
水月さまなら なおすことが できるかも
わかな姫のあたまだけでも もっていこう

●●●・・・
かなしいのは わかるけど・・・
コクヨウ仮面は 天帝の剣をもって
スイショウの森へ むかったわ!

あいつの いうとおりなら
大都が マ界におちてしまうわ!
さあ おいかけましょう
コクヨウ仮面を!



+水月同行時

[水月]
・・・わかな・・・・・・
うぐっ・・・コクヨウ仮面め・・・

●●●どの・・・わかなの・・・
あたまを ひろってください
あたまが あれば
わかなを もとにもどせます


*アイテムを拾う画面で「あきらめる」を選択した場合

[水月]
おねがいです ●●●どの
あたまを ひろってください
あたまが あれば
わかなを もとにもどせます

(水月同行時の場合は「わかな姫のかしら」を拾うことが強制となる)


*「わかな姫のかしら」を拾った後

[水月]
わかなを もとにもどすたには
ちしゃの森にもどらねば なりません
しかし・・・
天帝の剣を うばわれた いまは・・・

ヤツは! コクヨウ仮面は
せんにちどうくつに むかうと
スイショウの森の ふういんをとくと
いっておりました!

スイショウの森の マ界のふういんこそ
大都 マ界のふういん!
どうやら マ界の長 マ法院は
そこまで みぬいていたようです

青のスイショウを つかって
ふういんしてあるはずですから・・・
天帝の剣を つかっても
かんたんには やぶれないはずですが
コクヨウ仮面を とめなければ
大都が マ界におちてしまいます!

●●●どの
いずれにせよ じかんがありません
ちしゃの森へ むかうのか
せんにちどうくつへ むかのうか
●●●どの
けつだんを おねがいいたします



※優先順位は 水月>果心居士・かぐら>ジュウベエ





◆「わかな姫のかしら」を拾わなかった場合


※一度でもイカルガから出るとわかな姫を助けられない。イカルガにはわかな姫の墓ができている。


*水月同行時

「天帝につかえし サクラ姫
 わかな ここにねむる」

[水月]
わかな・・・
また いってしまった・・・

せめて あたまだけでも のこっておれば
わたしが なおしてやれたのだが
すまん わかな・・・
やすらかに ねむるが いい・・・


拍手[0回]

PR



◆「わかな姫のかしら」を持ち帰って青の城の水月に話を聞く


[水月]
わかっています・・・
●●●どの
わかな姫を もとのすがたに・・・
いえ いきかえらせたいのですね

では カラホトにある
ちしゃの森へ まいりましょう
「わかな姫のかしら」があれば
わかな姫を いきかえらせることができます
「わかな姫のかしら」を もって
ちしゃの森へ まいりましょう


※水月が未同行で「わかな姫のかしら」を拾った場合、この話を聞かなければ
たとえ「わかな姫のかしら」を持ってちしゃの森に水月を連れて行ってもわかな姫修復イベントが発生しない。
水月を仲間にしていない場合は「わかな姫のかしら」を持ってちしゃの森へ行く。





◆ちしゃの森で水月にわかな姫の修復を頼む


*「わかな姫のかしら」を拾ったが預けた等で持っていない場合

[水月]
●●●どの!
もうしわけ ありません
わかな姫を よみがえらせるには
「わかな姫のかしら」が ひつようです
いまは おもちでないようですな
とりに もどりましょう


*「わかな姫のかしら」を持っている場合

[水月]
●●●どの!
「わかな姫のかしら」を おわたしください

たしかに
おあずかりいたします

では わたしは じゅんびにかかります
わかな姫を よみがえらせるための・・・
しばらくのあいだ おともできませんが
おゆるしください・・・

さあ みなさん
こちらへ・・・


*水月を仲間にしていない場合で「わかな姫のかしら」を持って行く

[水月]
●●●どの 「わかな姫のかしら」
おもちになられましたか?

では ●●●どの!
「わかな姫のかしら」を おわたしください

たしかに
おあずかりいたします



+水月に「わかな姫のかしら」を渡した後

[水月]
じつは わかな姫を よみがえらせるためには
もうひとつ ひつようなものがあるのです
それは わかな姫の こころとなる
「心木(しんぼく)です」・・・
「心木」は 1000年ザクラから
こころを わけてもらった こころの木

そこで ●●●どの
おねがいが あるのですが
コノハナ神社で 「心木」を
わけてもらってきて いただきたいのです

すこし おまちください!

このてがみを
コノハナ神社の神主に おわたしください
そうすれば 1000年ザクラより
「心木」を わけてくれます
さあ
このてがみを おうけとりください


*「水月のてがみ」を受け取った場合

[水月]
では 「心木」のこと
よろしく おねがいいたします


*持ち物がいっぱいだった場合

[水月]
もちものが いっぱいですか・・・
これでは てがみを おわたしできません
もちものを せいりしてきてください
おまちしております

(持ち物に空きを作って話しかける)

[水月]
こんどは もちものに
あきが あるようですね
では
このてがみを おうけとりください

そのてがみを
コノハナ神社の神主に おわたしください
そうすれば 1000年ザクラより
「心木」を わけてくれます・・・

「心木」のこと くれぐれも
よろしく おねがいいたします



+その後水月に話しかける

[水月]
わかな姫の こころとなる
「心木」を もらってきてください
わたしのてがみを
コノハナ神社の神主に おわたしください
そうすれば 1000年ザクラより
「心木」を わけてくれます・・・
●●●どの
よろしく おねがいいたします





◆コノハナ神社の神主に「水月のてがみ」をわたす


[神主]
・・・・・・
これは 水月さまからの・・・
フムフム・・・なるほど・・・
わかな姫さまの・・・

水月さまからの
ごようけんは わかりました
しかし 「心木」は
14年まえに わけたばかり・・・
1000年ザクラが そのこころを
わけあたえてくれるか どうか・・・

このことは 水月さまも ごぞんじのはず
そのうえでの おねがいとあれば・・・
わかりました・・・
やってみましょう・・・

では みなさま
1000年ザクラへ まいりましょう

(1000年ザクラの前へ行く)

[神主]
・・・はるかやどる いちせんのとき
そのみたまに すがりしもののこころ
ときにあつまりし そのみたまは
しんのこころ てんのこころ
のぞみえるねがいは ひとのこころ
そのよりしろたるは こころのき
1000年ザクラに ねがいたてまつらん
その「心木」を われらに あたえたまえ

(1000年ザクラから「心木」が出現)

[神主]
こころの木 「心木」
これを いただきまする・・・

(神主が「心木」を受け取る)

これが 1000年ザクラより
さずかりし 「心木」でございます
どうぞ
おうけとりください

おてがみでは 水月さまは
ずいぶん おいそぎのごようす
はやく 「心木」を
水月さまに おとどけください

では
わたくしは これで・・・

(神主が去っていく)



+「心木」を水月に渡す

[水月]
おお これは!
まさしく 「心木」・・・
1000年ザクラには
ずいぶんと ムリをさせてしまいました

では わかな姫を よみがえらせるための
ぎしきを はじめます・・・

わかな姫のからだは
すでに できあがっています
これから しばらくのあいだ
おくのへやに こもり・・・
人形に たましいをいれる
ぎしきを おこないます

ですが このぎしきは
ひじょうに じかんのかかるぎしきです
●●●どのは しばらくしてから
あらためて ここへいらしてください

わかな姫を かならず
よみがえらせて ごらんにいれます
では しつれい・・・

(水月が奥の部屋へ入る)





◆90分後以降、ちしゃの森を訪れるとわかな姫が復活


[水月]
●●●どの
おまたせしました
わかな姫は
ぶじ よみがえりました

[わかな姫]
●●●
ごめんなさい・・・
わたし まもれなかった
また あなたに たすけられた
わたし あなたに
めいわくを かけてばかり・・・
ごめんなさい・・・
そして ありがとう ●●●

(わかな姫が再び仲間になる)


*水月を仲間にしている場合

[水月]
わたしは
まだ ここですることがあります
すぐ 青の城へ もどりますから
どうぞ さきに いってください


*水月を仲間にしていない場合

[水月]
●●●どの・・・この水月
おやくにたてて うれしくおもいます
もし わたしが ひつようなときは
いつでも ここを おたずねください
この水月・・・
いつまでも おまちしております

(再び話しかけると仲間にするか否かを聞かれる)



拍手[1回]




◆キザン温泉に入るとメディックスと遭遇


[メディックス]
おや? これは!
ウワサの 青の城のゆうしゃどの!
いよいよ
たたかいも おおづめですな・・・

♪ふういんも 青のスイショウ うしないて
 マ界のコハク つどうコクヨウ

大都のふういん・・・
まもなく ときはなたれそうですな
さいごに のこった タイキョクの地
まもりきれますかな・・・

(主人公たちが武器を構える)

[メディックス]
おっと・・・
わたしは かんけいないでしょう
あなたの おあいては
スイショウの森で おまちなのでしょう

では また・・・
青の城のゆうしゃどの・・・





◆キザン温泉の温泉宿付近に来る


[おんなのひと]
キャァアアアアア!!
たすけてー!!

[おとこのひと]
バ・・・バケモノだ!
おたすけぇー!!

(温泉宿からコハクが出てくる)

[コハク]
キエェェ~~~~!!!

ジャマを するな!!
エモノが にげちまっただろう!
かわりに おまえをエジキにしてやる!
キエェェ~~~~!!!

(コハクとの戦闘になる)



+戦闘に勝利

[コハク]
キエ・・・キ・・・
キエェェ・・・
お・・・おのれ・・・
くち・・・おしや・・・

(コハクが歩き去っていく)


*水月同行時

[水月]
あれが せんにちどうくつの鬼女
コハクか・・・
そして・・・
コクヨウ仮面のいもうと



+戦闘に敗北

[コハク]
コハクにさからう おろかものめ!!
キエェェ~~~~!!!

(その後、温泉宿で気がつく)

[おとこのひと]
おお 気がつきましたな
ごぶじで なによりです・・・

しかし あの鬼女コハクに たたかいを
いどむなんて ムチャなかただ・・・
ああ コハクならば にげていきましたよ
せんにちどうくつの ほうへね

おかげさまで たすかりました
あぶなく くわれちまうところでしたからね
まあ
ゆっくり やすんでってください





◆スイショウの森最奥部でコクヨウ仮面を発見



+キザン温泉でコハクと戦った場合(勝敗は関係ない)

(コクヨウ仮面がコハクを抱えている)

[コクヨウ仮面]
おお コハク・・・
わが いもうとよ・・・
いったい だれが おまえを
こんなに キズつけたのだ・・・

[コハク]
コクヨウにいさん・・・
また わたし みにくくなった・・・

[コクヨウ仮面]
いや そんなことはない
コハク おまえは うつくしい・・・

[コハク]
たりないよ・・・コクヨウにいさん
血が にくが・・・びじんの・・・

[コクヨウ仮面]
もう やめるのだ・・・コハク
おまえが 人をおそうから・・・

[コハク]
にいさんは
コハクが みにくくなってもいいの
にいさんは
コハクが かわいくないの・・・

[コクヨウ仮面]
おまえは わたしのかけがえのない
たった ひとりの いもうと・・・
おまえを こんなめに あわせたやつを
ゆるしはしない・・・

だが・・・人をおそ・・・
んっ!

(主人公たちが登場し、武器を構える)

[コクヨウ仮面]
フン・・・
青の城のゆうしゃか・・・

まずは
れいを いわねばならんな
この天帝の剣の おかげで わがいもうと
「コハク」のふういんは とけた・・・

あんしんしろ・・・
青の城のゆうしゃ
まだ スイショウの森のふういんは
といては いない

いや とかずとも かまわない
わたしのもくてきは たっせられた
わが もくてきは こはくのふういんをとき
わが いもうとを よみがえらせること

やつらは わたしに いったのだ
「天帝の剣」を てにいれろ・・・
そして 天帝の剣を つかって
スイショウの森のふういんを とけ
そうすれば コハクのふういんも
とけよう・・・とな

だが マ界のふういんを とかずとも
コハクは よみがえった・・・
もはや マ界のふういんを
とかねばならぬ りゆうは ない

どうだろう 青の城のゆうしゃよ
とりひきを せぬか?

わが いもうと コハクは
人を くらう・・・
それゆえに ひとびとは おそれ
とうばつしようと かんがえるだろう
いずれ おまえたちのような ゆうしゃに
コハクのとうばつを たのむだろう

コハクが 山里に おりぬよう
このコクヨウ仮面が おさえる
だから わたしたちを
みのがしては くれないか・・・
そうすれば この天帝の剣を
おまえたちに かえしてやってもいい

(コクヨウ仮面の取引に応じるかの選択肢が出るが、どちらを選んでも同じ)



+キザン温泉でコハクと戦わなかった場合

(コクヨウ仮面が一人、立っている)

[コクヨウ仮面]
フン・・・
青の城のゆうしゃか・・・

まずは
れいを いわねばならんな
この天帝の剣の おかげで わがいもうと
「コハク」のふういんは とけた・・・

あんしんしろ・・・
青の城のゆうしゃ
まだ スイショウの森のふういんは
といては いない

いや とかずとも かまわない
わたしのもくてきは たっせられた
わが もくてきは こはくのふういんをとき
わが いもうとを よみがえらせること

やつらは わたしに いったのだ
「天帝の剣」を てにいれろ・・・
そして 天帝の剣を つかって
スイショウの森のふういんを とけ
そうすれば コハクのふういんも
とけよう・・・とな

だが マ界のふういんを とかずとも
コハクは よみがえった・・・
もはや マ界のふういんを
とかねばならぬ りゆうは ない

おお
コハク もどったか・・・

(コハクが登場)

[コハク]
キエェェ~~~~~!!!

[コクヨウ仮面]
やめろ!

[コハク]
キェ!!
なぜ! にいさん!!

[コクヨウ仮面]
コハク!
こっちへきなさい・・・

どうだろう 青の城のゆうしゃよ
とりひきを せぬか?

わが いもうと コハクは
人を くらう・・・
それゆえに ひとびとは おそれ
とうばつしようと かんがえるだろう
いずれ おまえたちのような ゆうしゃに
コハクのとうばつを たのむだろう

コハクが 山里に おりぬよう
このコクヨウ仮面が おさえる
だから わたしたちを
みのがしては くれないか・・・
そうすれば この天帝の剣を
おまえたちに かえしてやってもいい

(コクヨウ仮面の取引に応じるかの選択肢が出るが、どちらを選んでも同じ)



拍手[0回]




◆コクヨウ仮面の取引に応じても応じなくても同じ


[コハク]
キエェェ~~~~~!!!
ひとと とりひきをする?
バカなこと かんがえないで!

にいさん ひとを しんじちゃいけない
ひとは ウソをつき うらぎる!
ひとは わたしが ころしてやる!!

[コクヨウ仮面]
やめろ!

[コハク]
キエェェ~~~~~!!!

(コハクとの戦闘になる)



+戦闘に敗北

[コハク]
キエェェ~~~~~!!!

[コクヨウ仮面]
青の城のゆうしゃよ
・・・・・・
ころすには しのびない
おとなしく かえるのだな・・・


*再戦

[コハク]
たりないよ・・・コクヨウにいさん
血が にくが・・・びじんの・・・

[コクヨウ仮面]
もう やめるのだ・・・コハク
おまえが 人をおそうから・・・

[コハク]
にいさんは
コハクが みにくくなってもいいの
にいさんは
コハクが かわいくないの・・・

[コクヨウ仮面]
おまえは わたしのかけがえのない
たった ひとりの いもうと・・・
おまえを こんなめに あわせたやつを
ゆるしはしない・・・

だが・・・人をおそ・・・
んっ!

(主人公たちが登場し、武器を構える)

[コクヨウ仮面]
また おまえたち・・・
青の城のゆうしゃか・・・
やはり みのがしては
もらえぬのか・・・

[コハク]
ひとは ウソをつき うらぎる!
ひとは わたしが ころしてやる!!

[コクヨウ仮面]
やめろ!!

[コハク]
キエェェ~~~~~!!!



+戦闘に勝利

[コハク]
キエ・・・キ・・・
キエェェ・・・

[コクヨウ仮面]
コハクゥ―――――ッ!

[コハク]
にいさん
こん・・・どは・・・
ほ・・んとに・・・
さ・・よ・な・・・ら・・・だね
・・・にい・・さ・・・・・・

[コクヨウ仮面]
うおおおおおおおおおお!!
コハクゥ――――――ッ!

(コハクが消滅)

[コクヨウ仮面]
コハク・・・

コハク・・・

コハクをうしなった いま・・・
おもいとどまる りゆうはない
おまえたちは むくいを うけるのだ
コハクを わたしからうばった むくいを

スイショウの森の ふういんをとく
この天帝の剣を つかってな!

もはや
わたしを とめることは できん!
すべてのものよ!
マ界のなかへ おちるがいい!!!!

(コクヨウ仮面がスイショウの森の封印を解く)

[コクヨウ仮面]
クククク・・・
マ界のふういんを といたぞ!
これで 大都のふういんが とけた!
マ界が 世界へ ひろがってゆくのだ!
クククク・・・
すべてが マ界にのまれるのだ!

おまえたちも ここで
マ界に のまれるがいい!!
さあ ゆくぞ!!
青の城のゆうしゃ!!





◆コクヨウ仮面との戦闘になる



+戦闘に勝利

[コクヨウ仮面]
ククク・・・
さすが 青の城のゆうしゃ・・・

だが もうおそい
もはや だれにも とめられぬ
クククク・・・
この天帝の剣も ようずみだ

大都のマ界は よみがえるのだ!
マ法院のちからによってな・・・

コハク・・・いま いくよ
さらばだ しょくん・・・

(コクヨウ仮面がマ界のゲートに身を投げ、消えていく)


※コクヨウ仮面に初戦で勝てばこのまま「天帝の剣」を取り戻す。



+戦闘に敗北

[コクヨウ仮面]
ククク・・・
さあ マ界にのまれるのだ!
そして
そのなかで さまよいつづけるのだ!!

(主人公たちはマ界で気がつく)

[コクヨウ仮面]
クククク・・・
おめざめかな 青の城のゆうしゃよ

ようこそ
マ界のくうかんへ・・・
いくら 青の城のゆうしゃであろうとも
このマ界から だっしゅつできん!
このマ界のなかで さまよい くるしみ
のたれ死ぬが いい・・・

せいぜい がんばるのだな・・・
ハハハハハハ・・・


*マ界の出口でコクヨウ仮面と再戦

[コクヨウ仮面]
クククク・・・
よく ここまで たどりついたな

だが・・・
そうかんたんに にがすわけにはいかん
おまえたちは このマ界で
一生 さまよいつづけるのだ

さあ いくぞ!!
青の城の勇者!!


*マ界の出口でコクヨウ仮面と再戦し敗北

[コクヨウ仮面]
ククク・・・おまえたちは
このマ界で さまよいつづけるのだ!!

(マ界のスタート地点に戻される)


*マ界の出口でコクヨウ仮面と再戦し勝利

[コクヨウ仮面]
なぜだ!
なぜ このコクヨウ仮面が まけるのだ!
んっ!

(天帝の剣が輝く)

[コクヨウ仮面]
んっ!
なんだ!! このひかりは?
ぐおおおお!!
からだが・・・とけていく・・・

ウググ・・・だが もうおそい
もはや だれにも とめられぬ
大都のマ界は よみがえるのだ!
マ法院のちからによってな・・・

・・・・・・
コハク・・・いま いくよ

(コクヨウ仮面の体が溶けて消滅)





◆コクヨウ仮面に勝利後、残された天帝の剣を取る


◎「天帝の剣」を取る時に仲間がコメント


[レン先生]
・・・・・・
あれが 天帝の剣ネ!
青の城のゆうしゃが ひきつぐべき
剣なんでしょう
●●●クン!
さあ うけとりなさい


[天下丸]
ケッ  しみったれたやろうだぜ!
それは そうと! ●●●!
あの剣は おまえのもんだろ!
オレさまの 「鬼のツノ」とおなじだな!
●●●!  はやく
「天帝の剣」とかいうの  てに いれちまえよ!


[ジュウベエ]
おお! これぞ!!
「天帝の剣」!!
●●●どの!
はやく 「天帝の剣」を そのてに!


[ヤミの右近]
いとしいものを うしなうかなしさ
わからないでも ないが・・・
そのために ほかのもののいのちを
うばうなど まちがっている
●●●! その剣を とれ
剣が おまえを よんでいる


[わかな姫]
「天帝の剣」・・・
わたしのなかに あったもの
天帝のさいごの いさん
「天帝の剣」・・・
●●● ただしき こうけいしゃ!
「天帝の剣」を うけとりなさい


[ジャッジ]
ケケケケ・・・
これが 「天帝の剣」か・・・
オレたち トカゲぞくに
たくされなかった青の宝・・・
●●●! はやく とりな!
おまえさんの もんだぜ!!


[果心居士]
コクヨウ仮面・・・コハク・・・
かなしいものたちよ
マ界のものは みな
かなしいおもいを かかえておるのぅ
まあ よいわ・・・
●●●どの!
「天帝の剣」を とりもどすのじゃ
さあ そのてに!


[かぐら]
これが 「天帝の剣」・・・
マ界のふういんをとくカギ・・・
●●●!
あんたが しっかり もってゆくんだよ
天帝が あんたにわたすために
わかな姫のなかに かくしてたもんだからね


[水月]
コクヨウ仮面
かなしい おとこだ・・・
●●●どの
「天帝の剣」を そのてに!
あなたが ひきつぐべき
「天帝の剣」を・・・





◆天帝の剣を取り戻した後、マ界の者たちの会話


+初戦でコクヨウ仮面に勝利した場合

[マ法院]
これで
タイキョクが マ界におちたか・・・
しかし!! なぜだ!
なぜ かんぜんに マ界化しない!
メディックス!!

[メディックス]
・・・・・・

[カーラ]
マ法院・・・
コクヨウが おちちまったようだね
青のいちぞくの 血をひくもの
青の城のゆうしゃによって・・・

おっつけ かれらは
この天帝宮へ やってくるわよ
いかが とりはからいます?
マ法院・・・

[マ法院]
それは むかえうつまでのこと・・・
だが・・・

[カーラ]
けど・・・かれらは
「天帝の剣」を てにいれた
あの剣は やっかいだよ
マ法院・・・

[マ法院]
わかっている! カーラ
やつらのことは おまえにまかせる!
にるなり やくなり
おまえの すきなようにしろ!

[カーラ]
おお こわい・・・
では おことばのままに・・・

[メディックス]
♪おおみやこ ふうじるすべと つくりしは
 天のみかどと 青のおくのいん

天帝は この大都そのものをもって
マ界を ふういんしたはず
やはり さいごのふういんは
この天帝宮に あるはず

[マ法院]
まだ ふういんが あるというのか!
天帝め! いまいましい!!

 

+再戦でコクヨウ仮面に勝利した場合

[カーラ]
マ法院・・・
コクヨウが おちちまったようだね
青のいちぞくの 血をひくもの
青の城のゆうしゃによって・・・

やつらは マ界をぬけちまった
おっつけ この天帝宮へくるだろうよ
いかが とりはらいます?
マ法院・・・

[マ法院]
それは むかえうつまでのこと・・・
だが・・・
しかし!! なぜだ!
なぜ かんぜんに マ界化しない!

大都のマ界のふういん!
まだ のこっていると いうのか!!
メディックス!!

[メディックス]
・・・・・・

[カーラ]
天帝の剣は やっかいだよ
マ法院・・・
そして あれは ふういんを
とくカギでは なかったということ

天帝の剣・・・おそらくは
青のいちぞくの ぶき!
やつらは くるよ 天帝の剣をたずさえ
わたしたちを たおすためにね

[マ法院]
わかっている! カーラ
やつらのことは おまえにまかせる!
にるなり やくなり
おまえの すきなようにしろ!

[カーラ]
おお こわい・・・
では おことばのままに・・・

[メディックス]
♪おおみやこ ふうじるすべと つくりしは
 天のみかどと 青のおくのいん

天帝は この大都そのものをもって
マ界を ふういんしたはず
やはり さいごのふういんは
この天帝宮に あるはず

[マ法院]
まだ ふういんが あるというのか!
天帝め! いまいましい!!




拍手[0回]