忍者ブログ
天外魔境シリーズの外伝的RPG『オリエンタルブルー 青の天外』の台詞(シナリオ)集です。メインストーリー分完了済。モブ台詞集もあります。他、サブイベント等細かい部分も徐々に収集。【!ネタバレ注意!】


◆センニン堂の青の仙人たちの言葉を通訳する


[仙人]
センニン堂は 青の仙人たちが
しせるときまでを すごすところ
青の仙人たちの つぶやきは
青の大地の ときのことば・・・
われらは そのコトダマを うけとり
われらは そのコトダマを つたえる


※果心居士、かぐら、水月の三人が通訳できる



+(プレイヤーから見て)右・下の青の仙人の言葉

[青の仙人]
●・*■・・*・・●・#・■*%
・&#・▲〒・&・・▲〒・&・・▲・・▲・・▲ ÷・


[果心居士]
どぉれ
わしが つうやくしてやろう

われらが ここにいるのは
このほしにとっては イレギュラー
われらは このほしの
せいたいけいを はかいしてしまった
もとより このほしに
いきていた いのちたちよ
トルクよ 鬼たちよ
ノンマルトよ いきのびよ

ひたすら このことを
くりかえしておるようじゃ


[水月]
●●●どの
わたしが つうやくしましょう

青きいちぞくの そんざいは
このせかいに あってはならないこと
わたしたちは
このほしを かえてしまった
このせかいに もとより
そんざいしていた いのちたちよ
トルク・・・鬼・・・
ノンマルト・・・ いきつづけろ

まるで じゅもんのように
このことばを くりかえしています


[かぐら]
わたしが きいてあげるわ
●●●

じぶんたちは このせかいに
そんざいしては いけなかった
じぶんたちの そんざいが
このせかいを おおきくかえた
ほんとうの すがたを
うしなわずに いきつづけたものよ
トルク 鬼 ノンマルト
いきつづけて くれ!

あとは このことばを
くりかえしている だけね



+右・中の青の仙人の言葉

[青の仙人]
■・・*・・・&#・▲÷・■*%
●・#・▲●・*〒・&・・▲・・


[果心居士]
どぉれ
わしが つうやくしてやろう

水が あわたる もりが もえる
かぜは ながれる ひかりが みちる
われらの こきょうは
はるか 天のかなた ほしのかなた
われら ほしをわたること
ひかりのはやさで すうまんねん
もはや かえるすべは ない
われらの青きいちぞくの ほし

ひたすら このことを
くりかえしておるようじゃ


[水月]
●●●どの
わたしが つうやくしましょう

水が ながれる 木々でおおわれ
かぜが ながれ ひかりが あふれる
わが ふるさとは
はるか 天のかなた ほしのかなた
わがふるさとは ほしをわたること
ひかりのはやさで すうまんねん
もはや かえることの できない
われらの ははぼし

まるで じゅもんのように
このことばを くりかえしています


[かぐら]
わたしが きいてあげるわ
●●●

水が ながれ もりに おおわれ
かぜが そよぎ ひかりに つつまれる
わたしたちの こきょうは
はるかかなた はるかほしのかなた
こきょうは ほしをわたること
ひかりのはやさで すうまんねん
もう かえることができない
青きいちぞくの こきょう

あとは このことばを
くりかえしている だけね



+右・上の青の仙人の言葉

[青の仙人]
***%・・・・・&#・▲÷・■
●・・■・・&●〒・&・・▲・・


[果心居士]
どぉれ
わしが つうやくしてやろう

われらは
つみを つぐなわねばならぬ
いまわしき あのオーブを・・・
赤き目のいちぞくの あやまりを
じくうへの ふういんは ゆがみ
あやしき じくうを うみつつある
いそがねばならぬ いそがねばならぬ
われらのいしを つぐものよ

ひたすら このことを
くりかえしておるようじゃ


[水月]
●●●どの
わたしが つうやくしましょう

つみを つぐなうのだ
われらの おかした つみを
のろわれたオーブを・・・
赤き目のものが おかした つみを
じくうが ゆがみ
マ界のくうかんが うまれはじめた
いそげ いそいでほしい
青きいちぞくのいしを つぐものよ

じゅもんのように
このことばを くりかえしています


[かぐら]
わたしが きいてあげるわ
●●●

わたしたちは つみを
つぐなわなくては ならない
のろわれたオーブ
赤き目のものの まちがい
じくうふういんは へんかしている
じくうに マ界が うまれている
いそげ いそげ
われらのいしを つげ!

ずっと
このことばを くりかえしているわ



+(プレイヤーから見て)左・下の青の仙人の言葉

[青の仙人]
%・・▲・・・÷・■・・・&#・
●・・・▲・&■・・&●〒・・・


[果心居士]
どぉれ
わしが つうやくしてやろう

青き宝は
青のいちぞくの いさん
青き宝は さまざまなかたちで
つたわり うけつがれる・・・
「青のスイショウ」しかり・・・
「鬼のツノ」しかり・・・
青き宝は ひとをみちびく
青き宝は ひとをかえる・・・

ひたすら このことを
くりかえしておるようじゃ


[水月]
●●●どの
わたしが つうやくしましょう

青き宝・・・
青のいちぞくの のこしたもの
青き宝は いろいろなかたちで
いまに つたわっている・・・
「青のスイショウ」や・・・
「鬼のツノ」が そうだ
青き宝は みちびいてゆく ひとを
青き宝は かえてしまう せかいを

まるで じゅもんのように
このことばを くりかえしています


[かぐら]
わたしが きいてあげるわ
●●●

青き宝は
青のいちぞくの のこした宝
青き宝は いろんなところに
つたわり うけつがれている・・・
「青のスイショウ」も 青の宝
「鬼のツノ」も 青の宝
青き宝は ひとを みちびき
ひとの世界を かえる宝

あとは このことばを
くりかえしている だけね



+左・中の青の仙人の言葉

[青の仙人]
●・・・▲・&÷・■・・・&#・
■・・&●〒・・・%・・▲・・・


[果心居士]
どぉれ
わしが つうやくしてやろう

マ石は ひとのこころ
マ石は ひとのおもい
こころは むげんのパワーをうみ
おもいは つよいパワーをうむ
このほしは かんじょうゆたかな
いのちで みちあふれている・・・
このほしは さまざまなパワーが
うずまいている・・・

ひたすら このことを
くりかえしておるようじゃ


[水月]
●●●どの
わたしが つうやくしましょう

ひとのこころは マ石
ひとのおもいは マ石
こころは ちからを むげんにうみ
おもいは ちからの つよさとなる
この世は ゆたかなかんじょうで
みちあふれている・・・
この世は さまざまなおもいが
また ちからが うずまいている

まるで じゅもんのように
このことばを くりかえしています


[かぐら]
わたしが きいてあげるわ
●●●

マ石は こころ
マ石は おもい
こころは ちから
おもいは つよさ
おもい ゆたかなものが
この地には あふれている
この地は おおくのおもいが
ちからとなって ただよっている

あとは このことばを
くりかえしている だけね



+左・上の青の仙人の言葉

[青の仙人]
#・&÷・■・・・・・・▲・・
・・&・・〒・・・%・・・・・


[果心居士]
どぉれ
わしが つうやくしてやろう

われら 青のいちぞくは
はるか天の地より この地にいたる・・・
青のいちぞくは ぼうかんしゃである
この地のれきしに かかわってはならぬ
だが われらは そのきまりを やぶった
われらは そのむくいを うけねばならぬ

ひたすら このことを
くりかえしておるようじゃ


[水月]
●●●どの
わたしが つうやくしましょう

青のいちぞくは
天の地より やってきた・・・
青のいちぞくは みまもるものである
この地に かかわってはならぬ
われらは おきてを やぶった
われらは むくいを うけねばならぬ

まるで じゅもんのように
このことばを くりかえしています


[かぐら]
わたしが きいてあげるわ
●●●

青のいちぞくは
天の地より ここにやってきた
青のいちぞくは かんししゃ・・・
この地に かかわってはならぬ
きまりを やぶったものは
そのむくいを うけねばならぬ

あとは このことばを
くりかえしている だけね





◆エローラの門のふめつの炎


[ばんにん]
われは ふめつの炎のばんにん
これなる せいなる炎を まもる
ふめつの炎は 青のいちぞくより
さずかりし けっして きえぬ炎
この青の大地に すむものと
青のいちぞくの けいやくのあかし
このふめつの炎が きえるとき
おおいなる わざわいが おとずれる



◎以下の仲間がコメント


[レン先生]
これが けっして きえない
ふめつの炎ネ
シャンハイの カツゲン塔のどこかにも
おなじものが あるっていわれてるけど
いったい
どういうしかけなのかしらネ
ねえ これもらってって
しらべても いいかしら?


[ジャッジ]
ケケケ・・・
これが ふめつの炎か・・・
カナイのしんでんで うみだされた
ふめつの炎
んっ? カナイが どこかって?
そりゃあ おしえられねぇな


[果心居士]
フォフォフォ・・・
ふめつの炎は すべてのエネルギーの
みなもとと いわれておる
ダーマも この炎をエネルギーとして
つかっておると いわれているのじゃ


[かぐら]
ふ~ん
これが ゆうめいな ふめつの炎
カラホトを まもる 2つの宝玉
天の宝玉と 地の宝玉のなかにも
このほのおと おなじものが
ふうじられていると いわれているわ
せいなる 青のひかり・・・
あたたかいわ


[水月]
青のいちぞくは 青きふめつの炎を
われわれに あたえてくれた
この炎は われらと 青のいちぞくの
ゆうこうのあかし
われらの ゆうこうの炎は
きえることがあっては ならないのだ


※優先順位は 水月>レン先生>果心居士>ジャッジ



拍手[0回]

PR



◆9F(?)の本棚を調べる(画面左から)


[青のきろく・ガーディアン]
マオウをまもる ガーディアンは
サーチシステムを そうびさせてある
だが ガーディアンの
サーチシステムは もんだいがある
カベごしには サーチできないのだ
まだ かいりょうの よちがある
マオウを カンペキに ふういんせねば
また あらそいが おこる・・・


[青のきろく・マジン]
テツジンに とばされてのち
かのマジンのゆくえは わからぬ
さいわいなことに こうげきユニットは
われわれの てにある
これは カナイにて かんりする
マジンを よびおこしては ならぬ
あれは キケンなヘイキだ
ヘイキは あらそいを うむ
ヘイキを のこしては ならない


[青のきろく・ワットアルン]
ワットアルンのカネには おもいを
あつめるちからが あるようだ
そのおもいが かたちになるとき
せいじゅうを うみだすのだと いう
このほしのものたちは
かんじょうが ゆたかである
マ石が マものに へんいするのも
このせいしんパワーに よるものかもしれない


[青のきろく・トルク人]
トルク人たちは ぎじゅつしゃとして
ひじょうに ゆうしゅうなものたちだ
なんにでも きょうみをもち
すぐに おぼえ また かいりょうする
青の城の けんせつは
かれらなくしては ふかのうであったろう
だが モラルは ひくく
なんでも かってにもちだすクセがある


[カジノで もうける]
「タマゴあて」は
リスクはすくないが じかんがかかる
「トルクめくり」は
ハイリスク ハイリターン!!
「スロット」は
えをねらって とめろ
とくに マシンのいろが かわったときは
そのいろの えがらを ねらえ!


[青のきろく・トキ]
トキは われらが つくりし
さいごの ものたちである
マ界の城を おとすためにつくりし
せいたいヘイキで ある
かれらに いしは なく
かれらに こころは ない
ただ ひたすらに とつげきし
しんでいった かなしいものたち
そのトキが まもり神に なるとは
なんとも ふしぎなものである


[果心居士のきろく1](果心居士編のみ)
天帝より
しょうねんを あずかる
しょうねんは 6さいではあったが
そのちからは すばらしいものであった
いささか こころに よわいところが
ありそうだが なんとかなるじゃろう
わしの こうけいしゃとして
そだててみることにした・・・・


[果心居士のきろく2](果心居士編のみ)
わが弟子(でし)は 10年で
すべてを まなびおえた・・・
こころに よわいぶぶんが あることは
いまだ なおらぬが
天帝が かわったのを きかいに
大都のことは やつにまかせ
わしは 大都をあとにして
この地へ いんきょすることにした



拍手[0回]




◆大神官の話


[だいしんかん]
わたしは このカナイをあずかる
だいしんかん・・・
なにか おききになりたいことが
あるのか?


*きくことは ない

[だいしんかん]
では ゆかれるが よい
青のせんしよ
ダークオーブを
ひかりの剣で つらぬく・・・
それが そなたに
あたえられし やくめである・・・



+青の目のいちぞく

[だいしんかん]
われら 青のいちぞくは
はるかなる ほしよりきたるいちぞく
ほしわたりのふね ちからをうしない
このほしに おりたつ・・・

ほしわたりのふねを なおそうとしたが
ぶひん エネルギーのふそくは いなめず
こきょうへのみち たたれ
われら この地にくらすことをきめた

われらは ひとのこころを
エネルギーにかえ つかうことにたけ
そのすべを マ石として
この地のものに あたえ みちびいた

この地は ゆたかになり
われらは いつしか 神となった・・・
われらは その青きひとつ目から
青の目のいちぞくと よばれるようになった



+赤き目のいちぞく

[だいしんかん]
赤き目のいちぞくは
われらが つくりし われらのコピー
としおいて しゅぞくのいじが
むずかしくなった われらのふくせい

かれらは 赤いひとつ目をもつもの
赤き目のいちぞくと よばれ
われらのいしを ひきつぎ
この地を みちびいて ゆくはずであった

だが・・・
かれらは うらぎったのだ・・・



+ダークオーブ

[だいしんかん]
ダークオーブは 赤き目のいちぞくが
つくりし じゃあくなるマ石・・・
ダークオーブは ひとの こころのヤミを
あつめたもの・・・

ダークオーブを そだてるために
赤きいちぞくは ひとびとを おそい
きょうふ おそれ いかりのこころを
ダークオーブへと そそぎこみ
そして
あのテツジンを つくりだしたのだ





◆神官たちの話

※大神官のいる建物から時計回りに調査


[しんかん]
われらは ほしより きたりし
じゅんすいなる 青のいちぞく
このそうちにて ながきねむり
ときをこえ あなたを まっていた


[しんかん]
ひかりの剣は
オリエンタルブルーの ひかり
ひかりの剣を つかえるのは
きよきこころをもつ 青のせんし


[しんかん]
青の城を よみがえらせしもの
そのものこそが 青のせんし・・・
われらは まっていたのだ
はるかなる ときをこえて・・・


[しんかん]
赤き目のいちぞくの あやまちは
われら 青のいちぞくの あやまち
われらは 赤き目のいちぞくの
あやまちを たださねばならない


[しんかん]
マジン・ダーマは ダーマのしんぞうで
こうげきのふういんが はなたれる
ダーマのこうげきは
テツジンのあたまを うちくだく!


[しんかん]
ひかりのうつわは きよきこころを
うけとめる うつわ・・・
きよきこころを あつめてつくりしマ石
それが オリエンタルブルー


[しんかん]
テツジンは あしきこころを
つくりだす じゃあくなうつわ
あしきこころを あつめてつくりしマ石
それが ダークオーブ



拍手[1回]