忍者ブログ
天外魔境シリーズの外伝的RPG『オリエンタルブルー 青の天外』の台詞(シナリオ)集です。メインストーリー分完了済。モブ台詞集もあります。他、サブイベント等細かい部分も徐々に収集。【!ネタバレ注意!】
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


メッセージありがとうございます。返信内容は白字にしてあるので、反転してご覧ください。
返信が大変に遅れてしまい、申し訳ございませんでした。



【メールフォーム】1件


■2013.02.01 21:03 の方

はじめまして!メールありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、誠に申し訳ございませんでした!!(土下座)
メールはほぼいただいた直後に確認しておりまして、心の中で「ああああありがとうございます!」と喜んでいたのですが、バタバタしているうちに返信作業を忘れておりました!!
(していたつもりだった)
本当に、本当に申し訳ございませんでした!!

謝ってばかりもよろしくないので、今回の同志様の登場、熱い語りに嬉しい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

オリエンタルブルーはストレートに王道RPGの「勇者」っぷりを発揮していますが、その裏には複雑な歴史も見え隠れしていて……主人公を誘った青の一族が「正義」や「神」かと言えば
決してそうではないという。
そういう背景があることを思うとメディックスの復讐というのも、何とも言えない感がありますよね……。(トキの一族の結末とその後(ガラ国に逃れた生き残りがガルダ神とされた)
とか)

主人公が世界を救うというのも最初から定められていて、思うままに進んでいるように見えてどんどん青の一族の敷いた運命のレールに乗っかっているような薄ら怖さも感じますね。(笑
)
…………という、噛めば噛むほど味が出てくるようなオリエンタルブルーの薄ら暗い歴史や設定が魅力的で仕方がないのですが、「噛まないと味が出ない」のがこのゲームの欠点でもあ
りますね。(だからマイナーなんだろうな……と;)

そんな青の大地の歴史ですが、「何年前に何があった」というのは結構謎なところも多くて。
青の一族と赤の一族の戦争はいつぐらい前の話なのか、それを実際に経験しているのは誰なのか、という部分ですね。
確実に戦争を経験している人物はキバ王(百鬼中将)とクンミン村の精霊・リレイ(この二人は「太古の戦争でクンミン村を守った」という話がありました)、そして破壊兵器であるゲ
ドあたりです。
メディックスは確実な証拠はありませんが、その戦争の結果、赤の一族が滅ぼされたことを知っているので経験者の可能性が高いです。果心居士ほどに歳をとっていないように見えるの
は、クーロンの沖にあるキンモン島のコールドスリープ装置で眠っていたからだと思われます。(それがいつごろ目覚めたのかは不明。クーロンに「こないだキンモン島から妙なじいさ
んを船に乗せたよ」と語るモブもいますが……)

実は果心居士が微妙なところで、青の一族のことについてはかなり実感めいたような口ぶりでもありますが、「~ようじゃ」「~らしい」という部分もあります。
戦争時代の当事者である神官たち(ひかりの剣を作ってくれた)がコールドスリープで眠らなければならなかったほどの時を要したことを考えると、存命している齢500歳の果心居士は当
事者ではなかったかもしれません。(数少ない純粋な青の一族の生き残りとして、かなりの事情をしっているし後ろめたさもあるからこそのあの口ぶりなのではないのかなと思います)


…………と、まあ考え始めると妄想止まらないのがオリエンタルブルーの歴史や世界観ですが、返信が多大に遅れた上にこんな不毛な語りを読ませてしまってはいい加減迷惑なので、こ
のあたりにしておきます。(汗)
私のインスピレーション(妄想心ともいう)を刺激してくださったメールをありがとうございます。いえもう長文語り考察なんでもござれです!!他の方の語りも聞いてみたいと思って
いるところです。

あ、あとバーラトのセンニン堂で通訳してくれるのは(御存じだったらすみませんが)果心居士、水月のほかにかぐらもできます。内容は同じなのですが、通訳の仕方がそれぞれ個性が
あって面白いです。

私事ですが、社会人一年生であまりヲタれてないので精も魂も尽きそうなので(人としては正解なのだけどヲタとしては致命的)、何かしらくっだらないことにのめり込みたい気分です
。オリエンタルブルーの台詞集ももっと完成度高めたいと思っておりますので、いつになるかは検討もつきませんが、頑張っていきます。
気付いたらこちらも長文(というか超文)になってしまい、お返事が大変に遅れてしまったことに加えまして、うっとうしいことこの上なく本当に申し訳ございません。嬉しかった気持
ちいっぱいです。
それでは、メールありがとうございました!


拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック