忍者ブログ
天外魔境シリーズの外伝的RPG『オリエンタルブルー 青の天外』の台詞(シナリオ)集です。メインストーリー分完了済。モブ台詞集もあります。他、サブイベント等細かい部分も徐々に収集。【!ネタバレ注意!】
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【レイヤック城攻略後(ガルダの町)】


[おんなのひと]
ひがしのジャングルには
ワットアルンっていう ふるい寺院があるの
ロータス王さまに
ついほうされたひとたちが いるんだけど
なんでも ロータス王さまは かれらを
おゆるしに なったそうなの
ガルダさまをしんじない ひとたちなのに
いったい どうしてかしら・・・?


[おんなのひと]
あたし 王宮へひなんしていたとき
ステキなひとと であったの
きっと ガルダさまの おみちびきよ!
いつか このきもちをつたえるわ!


[おとこのこ]
あのね ロータス王さまが
こんなこと いったんだって!
ガルダをしんじるものも しんじないものも
この国の民だってことに かわりはないって
それをきいてね
ボクのおかあさん ないてたんだ
これで ワットアルンにいる
おにいさんに あえるって!


[おとこのひと]
おれたち たすかったんだ!
バケモノは もう おそってこない!
レイヤック城が きえたのは
ガルダさまのおかげさ!
ガルダさまを しんじていて
ほんとうに よかったよ!


[おんなのひと]
わたしが たすかったのは
たまたま うんがよかっただけよ
おなじように ガルダさまをしんじていた
町のひとがなんにんも ぎせいになったわ
・・・あたしと そのひとたちと
なにがちがったって いうの?
しんじるものは びょうどうなハズでしょ?
そんなの・・・ そんなの ひどすぎるわ!

(王宮に避難せずガルダ像の前にいた人たちの中で、
 カーラに連敗してもエサとして連れて行かれず生き残った人)


[おんなのひと]
あたしたちは たすかってよかったけど
バケモノに つれさられたひとたちは
もう もどっては こない・・・
ああ! おねがい ガルダさま!!
どうか
かれらのいのちを かえしてください!


[おとこのひと]
たすかったんだな! おれたち!!
いちじは どうなることかと おもったよ
王宮にひなんさせてくれた ロータス王は
ほんとうに やさしいおかただよ!


[おんなのこ]
王宮で あったんだけど
王子さまや 王女さま カンジわるいの~!
ロータス王さまは おかおはコワイけど
けっこうやさしい おじいちゃんだったよ!


[へいし]
みなれぬヤツが
このあたりを ウロついていたそうだ
かおをかくしていたが
赤い目が のぞいていたそうだ・・・
このくろい石を おいていったのは
もしかして そいつなのか?


[おんなのひと]
ウチのダーリン
ひそかに スゴイひとかなのかしら!?
だって あのおそろしい じけんのときにも
ここで まんじゅうをたべてたのよ!


[おとうと]
ウチのにいちゃん スッゴイんだよ!
バケモノがきても たべつづけたんだって!
すっげえよな! にいちゃんなら
バケモノだって たべちゃいそうだよな!

(ヤマトまんじゅう男、そして伝説へ……)


[おんなのひと]
バケモノがおそってきたとき
死をまじかに かんじたわ・・・
いままでが どれだけ シアワセだったか
・・・ってことよね


[おとこのひと]
王宮から もどってきて
ウチのヨメさん なんだかやさしくなったよ
たいせつなモノがなにか わかったの
・・・・・・って どういうことかな?
それいじょうは こたえてくれないけど
とにかく オレは うれしいんだ!!


[おとこのひと]
ひにくなモンだよ・・・
あの おそろしいできごとが
ロータス王の かたくなだった
こころを ひらいてくれたんだから
ロータス王は ついほうされた ひとたちを
おゆるしになられた!
すぐには むつかしいかもしれない
でも きっとガラの国は よくなっていくよ


[おとこのひと](テツジン復活後)
ウチのおくさんは
いま ワットアルンに いってるんだ
ずっと はなればなれになっていた
おにいさんに あうためにね!


[おんなのひと]
よかった
ほんとうに よかった・・・
ロータス王が ワットアルンのひとたちを
おゆるしになると いわれたの
ワットアルンには
わたしの にいさんがいるの・・・
ああ! やっと・・・
にいさんに あえるかもしれない!!


[おじいさん]
ロータス王が ワットアルンのひとびとを
おゆるしになると きいたとき
としがいもなく
なみだが ながれてしもうた・・・
うちのムスコも ヨメも ずっとたえてきた
それも もう おわるんじゃな・・・


[おとこのひと]
ロータス王が ワットアルンにいる
はんぎゃくしゃを おゆるしになったそうだ
なぜなんだ?
ガルダさまを しんじないヤツらを・・・


[おんなのひと]
わたしたちが たすかったのは
みんな みんな ガルダさまのおかげよ!
レイヤック城が きえたのも
ガルダさまの おちからにきまってるわ!


[おじいさん]
みな しんじつから 目をそむけよる・・・
つごうよくねじまげ おもいこみよる・・・
レイヤック城をたおしたのは
ガルダさまでも ロータス王でもない
名もしらぬ
いこくのものだと いうではないか!
ガラの国のものには
しんじたいものだけを しんじるのではなく
じじつをうけいれることこそ
ひつようじゃ!


[おとこのこ]
おとうさん 王宮からもどってきて
げんきに しごとするようになったんだ
いま こうして いきていることに
かんしゃのキモチを わすれちゃいけない
これからは こころをいれかえて
しごとをするんだ・・・って いってた!


[おばあさん]
ああ! わたしの ネコちゃん
ぶじでよかったわ!
王宮へにげるとき みあたらなくって
つれていって あげられなかったのよ!

(残されていたのが気になっていましたが……良かった良かった)


[おんなのひと]
トルク人って スゴイわ!
あのバケモノさわぎの さなかにも
TTCを やってたって いうじゃない!
よく バケモノにさらわれなかったわね~
きっと トルク人なら
バケモノのほうが よけてとおるのよ!


[おとこのひと]
しかし あのグータラしたおとこが
よく TTCのメンバーに なれたよな~
オレのトモダチの コウイチってヤツさ!
この町いちばんの くいしんぼうだよ
シャンハイまでいって TTCメンバーに
なるのは たいへんだよなぁ~!

 

 

【レイヤック城攻略後(ガルダ王宮)】


[へいし]
いじょうなし!
・・・・・・
やはり へいわが いちばんだな
あんな おそろしいことは もうゴメンだ!


[おばあさん]
ありがたや ありがたや・・・
ワシが こうして いきとるのは
みんな ガルダさまの おかげじゃ!
ガルダさまが まもってくださった・・・


[おとこのひと]
わたしは にげてしまった・・・
かのじょを たいせつにおもうあまり
カーラが おそってきたとき
この町から にげだしてしまった・・・
こんな じぶんかってな わたしのことを
ガルダさまは ゆるしてくださるでしょうか


[おんなのひと]
わたしたち かけおちするつもりだったけど
やっぱり この町に もどってきた・・・
ただ にげているだけじゃ ダメだって
わたしに ふるさとをすてさせたくないって
・・・そう かれが いってくれたの
わたし そんなかれのこと ダイスキよ!


[神官]
ここは われらの神
ガルダさまの しんでんである
カーラのこうげきも おさまり
マ城 レイヤック城も きえた
これも われらの神
ガルダさまの おちからに よるもの
ガルダの神は しんじるものに
しゅくふくを あたえる
われらが ガルダ神のおんけいが
みなに あらんことを・・・


[へいし]
アユタユから もどってきたら
おれのなかまが・・・
あんなに いいやつだったのに
バケモノに ころされちまったなんて!
ちくしょうっ!
おれも いっしょに たたかいたかった!


[へいし]
アユタユにいたとき おせわになった
おばあさんがいるんです
ぼくらが ここにもどってきたから
また ひとりぐらしをしてるハズなんですが
・・・おばあさん げんきかな?
なんだか しんぱいなんですよ


[へいし]
へいしたちも 町のひとも
たくさん たくさん しんだ・・・
みんな さいごまで
ガルダさまをしんじて しんでいった・・・


[ふくたいちょう]
ロータス王が ワットアルンのものたちを
おゆるしになったそうだ
カーラのしていたことに
おのれのすがたを みたにちがいない!
ガラの国は きっと よくなっていくだろう
おなじあやまちは もう くりかえさないさ


[たいちょう]
よいかっ! われらは ガラの国をまもる
めいよある へいしであるっ!!
ガルダさまは われらの そばにあり!
つねに われらを まもってくださる!
いきのこった われらこそが ガルダさまを
ほんとうに しんじているものなのだっ!!


[へいし]
われわれが いきのこれたのは
ガルダさまの おかげなのか・・・?
いや! しんでいったやつらだって
たしかに ガルダさまをしんじていた・・・
なのに・・・ なのに・・・
たいちょうの いうことは おかしいよ!


[へいし]
ほかのヤツらは
みんな しんじまったよ・・・
あっけないもんだよ
バケモノに いちげきさ!
しょせん おれたちみたいなのが
えいゆうには なれっこないんだよ・・・


[王子さま]
なぜ とうさんは
ワットアルンのやつらを ゆるしたんだ!?
ガルダさまを しんじない・・・
あんな はんぎゃくしゃどもを!!
ボクは・・・ ボクはこの国の王子だ
いつか ボクのてで やっつけてやるんだ!


[おとこのひと]
ロータス王・・・
なんだか おげんきが ないんだ
この国の ききはさったというのに
なにか おもいなやまれているようす・・・
ロータス王には
はやく げんきになってもらいたいよ


[おとこのひと]
おまえみたいな ひよっこが
レイヤック城をたおしたって?
ふーん・・・・・・
まさかな! しんじられんよ!!
さては ゆめでも みていたか?
あっははははは・・・・・・


[おんなのひと]
町のものたちは 町にもどり
また しずかな王宮になりました
さいしょは ていこうもあったけど
町のひとたちと はなしができてよかった
わたし・・・ いままで 王宮のそとのこと
ほとんどしらずに いきてきましたから


[おきさきさま]
王は とても
民を おもいやるかたです
ガルダの町の民も
そのことが よくわかったでしょうね
これからも ガルダさまをしんじ
王をもりたててくれることを ねがいます

 

 


【レイヤック城未攻略】


[おとこのひと]
おれたち たすかったんだ!
バケモノは もう おそってこない!
しかし うらぎりもののガラシャが
レイヤック城を たおしたとは・・・
おれは
いまだに しんじられんよ!


[おじいさん]
あのガラシャが レイヤック城を
たおしたなどと・・・
そんなはなし
ワシには しんじられんわい!!


[おとこのひと]
うらぎりものの ガラシャが
レイヤック城を うちたおし
われわれを・・・
このガルダの町を すくったそうだ・・・
なぜなんだ?
ガルダさまを しんじないヤツが・・・


[おんなのひと]
わたしたちが たすかったのは
みんな みんな ガルダさまのおかげよ!
うらぎりものの ガラシャが
レイヤック城を たおしたなんて・・・
そんなの
きっと ウソにきまってるわ!


[おじいさん]
みな しんじつから 目をそむけよる・・・
つごうよくねじまげ おもいこみよる・・・
レイヤック城をたおしたのは
ガルダさまでも ロータス王でもない
われらが うらぎりものと ののしってきた
ワットアルンの ガラシャではないか!
にくしみだけに いきていたなら
かれは この町を みすてただろうに・・・


[おとこのひと]
ひにくなモンだよ・・・
いままで うらぎりものと さげずんできた
ワットアルンのガラシャに
この町は すくわれたんだから・・・
ロータス王は ガラシャを この国の
えいゆうとして たたえられた!
すぐには むつかしいかもしれない
でも きっとガラの国は よくなっていくよ

 

[おんなのひと]
ワットアルンの ガラシャさんが
ガルダの町のみんなを すくってくれたの!
きっと いつか みんなわかってくれるわ
ワットアルンのひとたちのこと!
ワットアルンには
わたしの にいさんがいるの・・・
ああ!
にいさんに あいたい!!


[おじいさん]
ワットアルンのガラシャが
この国を すくってくれたんじゃ
それでも この町のものたちは
ガルダをしんじぬものを さげすむのか?
この国を まもったものを
この国の民ではないと いえるのか?
・・・そんなことはない
きっと みな わかりあえるハズじゃよ


[おじいさん]
ロータス王は ガラシャのぞうを
えいゆうとして おたてになった
うらぎりもののガラシャを
えいゆうにするなんて
ロータス王は
なんと こころのひろいおかたじゃ・・・


[へいし]
おい きいたか!?
うらぎりものの ガラシャが
ひとりで あのレイヤック城を
うちたおした そうなんだ!!


[ふくたいちょう]
ガラシャどのが レイヤック城をたおし
このガラの国を すくった!
ロータス王は ガラシャをたたえ
町に えいゆうのぞうをたてた
うらぎりものとよんだ ガラシャを
えいゆうとして おみとめになるとは
ロータス王の おかんがえも
かわってきたのかもしれない!


[王子さま]
なぜ とうさんは うらぎりものの
ガラシャを えいゆうにしたんだ!?
ガルダさまを しんじない・・・
あんな はんぎゃくしゃを!!
ボクは・・・ ボクはこの国の王子だ
いつか ボクのてで やっつけてやるんだ!


[おとこのひと]
レイヤック城をたおしたのが
うらぎりもの ガラシャだと!?
そんなはなし わが王がしんじるハズはない
ガルダさまを しんじぬものが・・・

 


 

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック